フォト
無料ブログはココログ

« 急増する中国の海外投資,ドウテルテ帰国,新宝塚オープン | トップページ | 中国の海外企業買収,揺れ動く東南アジア »

2016年10月30日 (日)

シェールの技術革新,石油市場を左右,2020年がピーク

更新しました【日刊 アジアのエネルギー最前線】シェールの技術革新,石油市場を左右,2020年がピーク
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm
経済指標,政治動画,囲碁動画,ゴルフ動画,原油価格,鉄鋼価格など含む
PCタブレット&ゴルフドライバー販売所開設
2016年10月30日  晴れ
昨日,10月29日は,年2回の会社OBゴルフ,武庫の台で行われた,出場者の中で最高齢であった87歳の錦織さんが,今回は欠席,私が81歳で最高齢者になって挨拶させられた,でも私クラスの年齢層の参加者は多い,これからもっと増えていくかも,スコア101だったが,皆さん,落ちてきている,
世界のエネルギー,かっての主役は石油だった,石油の耐用年数は30年,と恒に言われてきた,専門家に言わせても,30年と言っておけば,まあ問題ないとか,30年先,と言われれば,誰も慌てる人がいない,まあぎりぎりの未来だ,新しい油田が発見されるので,いつまでも30年が続く,
インドネシアなどは,早くから原油は輸入に転換してきていたが,近年,急激に表舞台に出てきたのは,米国を中心としたシェールオイルの出現である,今は,中東の石油と米国のシェールオイルが,チキンレースを演じている状態で,OPECだけが原油価格を握っていた時代は過ぎた,中国も動いている
石油の代替として,LNGや原子力が大きく台頭してきたが,液体として扱いやすい石油の役割は,ますます重要になってきている,特に,中国の台頭による自動車産業の伸びが,注目の的である,自動車は買えてもガソリンがないでは,暴動が起きてしまう,航空機が原子力で動く時代は,まだ来ない,
僅か4年前,ウイキャン,と叫びながら出てきたオバマ大統領は,空を指さして,太陽光と風力こそが米国を救い,世界を救う,と叫んで,自ら風力メーカーを訪ねて鼓舞していた,あれから2年後,オバマ大統領は空を指さすのを止めて,自分の足下を指さし,シェールガスが救う,と叫ぶ,恥ずかしい,
当時我々は勿論,ここまでのシェールオイルの発展は考えていなかったが,それでも,オバマ大統領の言う,風力が世界を救う,など,全然肯定していなかった,彼は間違っていると思っていた,シェールガスが出てきたとき,エネルギーの主役になるのは困難,と思った,面のエネルギーにはリスクがある
今日の日経のビジネスリーダーに脇祐三氏が,数字を上げながら,主として石油価格との連動を見ながら,シェールオイルの近未来を論じている,「ピークを打つ」,と言う言葉があるが,日本の人口問題でも使われる言葉だ,ピークを打つとそれからは下がる一方となる,シェールオイルはどうなのか,
今,中東の原油と米国のシェールオイルが,価格の駆け引きを演じている,脇さんの衝撃的な解説は,米国のシェールオイルは,いつ,ピークを打つのか,彼は,IEAを引用しながら,2020年には,米国のシェールオイルが頭を打つ,と言っている,もう目の前である,これは何処まで確実なのかどうか,
シェールの開発には,恒に環境問題がつきまとう,IEAは,それも考慮して,2020年以降は,シェールオイル生産は下降する,と見ているのだろう,ただ,シェールには,技術革新が恒に追いかけていることと,それに本格開発はこれから,と言う中国が控えている,脇さんは,中国には触れていない,
ニュースではよく中国のシェール開発は出てくるが,余り話題にならない,海外の油田開発に懸命の中国が,果たして難しい国内シェール開発に,本格的に取り組むのかどうか,一つの鍵は中国の水資源問題だ,と言われている,シェール開発には大量の水が必要と言われており,中国には難関だ,
中国は,これから襲い来るモータリゼーションに,大きな注意を払っている,連日,中国に於ける電気自動車の開発が話題となっている,石油枯渇の問題と連動しているのだろう,車や航空機や軍艦の燃料を,将来どうするか,媒体としての水素ガスを人類が操れるようになる日は,いつ来るのか,
今日の参考
◆161030 シェールの技術革新、石油市場を左右
日経ビジネスリーダー脇祐三,http://s.nikkei.com/2eQBpu0
米国のシェールオイル生産,2015年3月ピーク,原油安局面での技術の改良や生産地点の集約などによって、今では1バレル30ドル台で採算がとれる油井もあるし、50ドル台なら黒字が見込める油井はたくさんある,2014年末に1200基を超えていた米国内の原油掘削リグの稼働数は、今年5月下旬に316基まで減少,6月に原油価格が一時50ドルを超えたころから再び増え始め、直近で441基まで回復,油井の寿命が焦点,点は、シェールオイル開発の持続可能性です。巨大な油田を掘削するサウジなどの原油生産と違って、シェールオイル開発では生産開始から数カ月でその油井の産油量が急激に減り始めるという特徴がある
参考資料(2016年10月28日14時29分)
一般
◆161028 OPEC減産の原油価格上昇2月から、供給面の不安残る
ダイヤモンド・オンライン-3 時間前  http://bit.ly/2eBMyBl
10月26日、石油輸出国機構(OPEC)は11月30日の総会でやっと減産を決める見通しだが、原油価格が本格的に上昇するのは来年2月からの見込み。写真は24日、ウィーンの会見場に飾られたOPECのロゴと旗(
◆161028 NY商品 原油が反発 「OPECの一部が減産意向」と伝わる、金は反発
日本経済新聞-9 時間前  http://s.nikkei.com/2dRza8c
【NQNニューヨーク=川内資子】27日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は4営業日ぶりに反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で、期近の12月物は前日比0.54ドル高の1バレル49.72ドルで取引を終えた。
◆161028 原発、西日本で共同事業 4電力が新会社検討
日本経済新聞-12 時間前  http://s.nikkei.com/2eLxmz4
関西電力と九州電力、中国電力、四国電力の4社は原子力発電所の建設・運営で提携する方向で検討に入った。4社は共同出資会社の設立を検討し、老朽化した原発を同じ敷地内で建て替え、建設後の運営も担う案が有力だ。国内電力市場の競争が激しくなる ...
◆161028 ブラジルが29日のウィーン原油生産調整会議に参加-ロシアなどと共に
ブルームバーグ-4 時間前  http://bit.ly/2eBGjxm
石油輸出国機構(OPEC)非加盟国で原油生産を急速に伸ばしているブラジルは、29日にオーストリアの首都ウィーンで開かれる原油生産調整会議に参加する。 ブラジルのフィーリョ鉱業・エネルギー相は27日のテキストメッセージで、同省の石油・天然ガス行政 ...
中国
◆161028 中国・香港株式市場・大引け=続落、工業部門企業利益の ...
ロイター-20 時間前  http://bit.ly/2fcYwDm
ハンセン中国企業株指数(H株指数) 終値は89.94ポイント(0.93 %)安の9608.91。 大半のセクターが下落。エネルギー株 が下げを主導した。 中国の国有石油大手、中国海洋石油(CNOOC) は1週間ぶり安値。中国石油化工(シノペック) と中国石油 ...
◆161028 世界の再生可能エネルギーさらに加速、今後5年間の増加量を13%上乗せ
ITmedia-5 時間前  http://bit.ly/2eWhlqV
風力を中心に中国の伸びが著しく、米国やインドでも発電設備の増加にはずみがつく。年間の発電量で比較すると、中国では火力や原子力を含めた発電量全体が2015年と比べて1兆2000億kWh(キロワット時)以上も増えて、そのうち半分近くを再生可能 ...
インド他
◆161028 Asian Development Bank refuses to fund Pakistan dam that India ...
Times of India-19 時間前  http://bit.ly/2dOrzqS
ISLAMABAD: Pakistan has had no luck with the World Bank funding its 4500 megawatt Diamer-Bhasha dam, a project that India opposes, because it's located in a disputed area in Gilgit-Baltisan. And yesterday, the Asian Development Bank ...
◆161028 India in global hunt for new LNG contracts to fire power plants
Livemint-2 時間前  http://bit.ly/2dRxDyZ
The global search for LNG comes as India's gas-fired plants, which can generate nearly 25 gigawatts of power, run at less ... Sydney: India is scouting for new liquefied natural gas contracts globally as part of a push to secure cheap supplies for its under-utilized gas-fired power plants. ... That highlights the country's difficulty in switching from coal to natural gas for power generation, undermining Prime Minister Narendra Modi's efforts to cut carbon emissions and promote clean energy.
◆161028 Pakistan Ironically Calls India's Nuclear Programme 'Unsafeguarded ...
Indiatimes.com-16 時間前  http://bit.ly/2dOMslL
Get ready to laugh people. A country which is world famous for it's nuclear proliferation is calling India names. We challenge you to read this and try to keep a straight face. India has sufficient material and the technical capacity to produce ...
◆161028 Russia, Myanmar launch working body for nuclear tech cooperation
Myanmar Times-1 時間前  http://bit.ly/2eT6fDg
Russia and Myanmar this week established a working body for nuclear technology cooperation, according to officials. ... to start a nuclear power plant (NPP), according to a representative from Russian state-owned Rosatom Corporation. ... “We are discussing cooperation of non-energy nuclear applications such as developing human resources, agriculture ... power units in Vietnam, and has also won a tender for the preliminary design of a 10-megawatt reactor in Indonesia (see ma
○送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« 急増する中国の海外投資,ドウテルテ帰国,新宝塚オープン | トップページ | 中国の海外企業買収,揺れ動く東南アジア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523128/64419513

この記事へのトラックバック一覧です: シェールの技術革新,石油市場を左右,2020年がピーク:

« 急増する中国の海外投資,ドウテルテ帰国,新宝塚オープン | トップページ | 中国の海外企業買収,揺れ動く東南アジア »