フォト
無料ブログはココログ

« 原子力基本法に国の安全保障 | トップページ | 民主造反は首謀者だけを極刑に »

2012年6月25日 (月)

チベットは観光開発か水力開発か

【日刊 アジアのエネルギー最前線】チベットは観光開発か水力開発か
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm

民社党の阿部さんが,消費税は本当に税収を増やすのか,と大きな疑問を野田首相にぶっつけながら,国会質問に立っています。私と同じ事を言っていますが,やはりどうすれば消費税が活きて来るか,これからはそれをしっかりと議論して欲しいと思います。このままでは恐らく,阿部さんが言っているように,税収が上がった,と言う実感は沸かないでしょう。でも,これからの施策によって活きてくる,そう考えて,先に進んでほしい。

ヒマラヤの水を集めてチベットを縦断,大屈曲点を経てアッサムに流れ込むブラマプトラ河,インド実効支配地域に流れ込む寸前に,1,000mの急激な落差が生じています。19世紀にはこの地形が信じられず,チベットから大量の材木を流して,本当に水はアッサムに繋がっているのか,実験が行われたといいます。インドにとっては,よくぞ神よ,河をインド方向へ曲げてくれた,と感謝,一方の中国は神を恨んでいることでしょう。

この大屈曲地点の地形は,中国にとっては痛し痒しです。この1000mの落差を使ってしまうと,水は完全にインドに落ちていって,2度と中国には帰ってこない,そのかわり,三峡ダムを凌ぐ3800万KWという電力が,北京や上海に送られることになります。もし下流にインドという人類がいなければ,この1000mを水が落ちる前に分流して,中国大陸を潤すことが,物理的には可能なわけです。

しかし今度は,この世にも見事な神の造形を,中国政府は観光開発に向けようとしている,この報道で中国の水力一派は嘆息をついている,と報道されています。この話は,先日メキシコでG20で出会った温家宝首相とインドのシン首相が話しあった,とされています。インド側の反応は英語表現で分かりにくいが,中国が観光開発を計画している地域は,インドが領有権を主張している地域と重なっていない,と言っているようです。

何れにしてもインドは,下流のアルナチャルで150以上のダムを作ろうとしており,中国は中国で,30個所以上のダム開発をチベット近傍で計画しています。私は,水力発電所そのものは水を失うものではないから,河川環境への影響を考えながら,この河は開発すべきものだと思っています,まさに人類の最後の戦いだと思っています。今日の記事では,今までの水問題,電力問題に加え,観光問題が大きく浮上してきたことは事実です。

次は,米国の非在来型天然ガス,シェールガスの問題です。100万Btu当たりですが,日本が中東やインドネシアやオーストラリアから受け取っているLNGは15ドル以上です。今日の記事では,欧州では9ドルだそうです,これに対して米国は2.5ドルです。米国はこの有利な天然ガスを,中南米やアフリカ西部にもマーケットを広げようとしています。それでなくても経済危機にある欧州は,大変な打撃を受けるようです。

このような同じ製品が,アジアでは15ドル,欧州では9ドル,米国では2.5ドルと言うような価格体系が,果たして通用するものなのでしょうか。今のところは,なかなか専門家の解説がありませんが,常識的には,この三つの価格は一つに収斂してゆくのだと思うのです。私が心配するのは,日本企業も投資しているインドネシアやオーストラリアのLNGは,一体どうしてくれるのか,と言う話になるでしょう,ヘタしたら放棄でしょう。

長期契約だから大丈夫だ,と言う人も出てくるでしょうが,高いLNGを買って電気料金値上げに繋がる場合,消費者は黙っているのでしょうか。もう猪瀬さんなんかは言っていますよね,安いLNGを買えと。猪瀬さんは本当に困った人だと思うのですが,電力についてよくわからなくても,失敗覚悟で攻めてくる,中部電力から拒否されたように,とにかくやってみる,大阪市は古賀さんがいる分だけ,少し違いますね。明日は消費税決着ですね。

☆ 中国のチベット,ブラマプトラ河の大屈曲点,観光開発プロジェクト

中国のチベット,ブラマプトラ河の大屈曲点,4億元,更に20億元の観光開発プロジェクトが,インドを巻き込んだ議論を巻き起こしている,中国側の水力開発,1000mを越える落差で3800万KWを発電しようとするモトウ計画にとって,観光計画浮上は痛手である,メキシコでのG20で,温家宝首相とシン首相は,この地域の情報交換を約束したが,計画区域は中国の実効支配下にある,

☆ シェールガス開発で天然ガスは半値、原油も大幅引き下げへ

従来のガス田以外の場所から生産される新たな化石燃料「非在来型天然ガス」の開発が急速に進んでいる。その代表はシェールガス,他にタイトガス,炭層ガス(コールベッドメタン)がある。米国ではガス価格が半額以下の状況,在来型は60年分,これに非在来型が加わると160年分と言われている。地中深くに埋蔵されているため,圧力注入で地震を惹起,との意見や,環境問題に行方が鍵となろう。

☆ 米、石油製品市場に敵なし 低価格武器に進む開拓 欧州産を駆逐

米国のシェールガスの影響が世界的な広がりを見せている,更にメキシコ湾での原油生産再開で,低価格を武器に,世界の市場を席巻する勢いである,欧州産のガスは9ドルに対して,米国産は2.5ドル,この勢いで中南米やアフリカの市場にも進出,欧州経済を深刻な不況に追い込んでいる。今後は当然,日本の17ドルのLNGも,米国産に移る可能性,このままでは世界経済は安定しない

☆ 参考資料

◯12062501 非在来型天然ガス,NEWSポストセブン
シェールガス開発で天然ガスは半値、原油も大幅引き下げへ
http://my.reset.jp/adachihayao/index12062501.htm
http://bit.ly/MIxxbE
http://www.adachihayao.net/12062501.jpg
http://www.adachihayao.net/12062502.jpg
http://www.adachihayao.net/12062503.jpg
世界のエネルギー事情が大きく変わろうとしている。とくに、シェールガスを代表とする、新しい天然ガスの実用化が進んでいる。これらは、世界の経済にどう影響するのか。大前研一氏が解説する。

◯12062502 China, eTurboNews
Chinese tourism project deals blow to hydropower lobby groups
中国のチベット,ブラマプトラ河の大屈曲点,観光開発プロジェクト
http://my.reset.jp/adachihayao/index12062502.htm
http://bit.ly/Od6eIl
http://www.adachihayao.net/1206250201.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250202.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250203.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250204.jpg
Chinese plans to build a major tourism project and national park in a Tibetan county have dealt a blow to hydropower lobby groups who have proposed ...

◯12062503 非在来型ガス,SankeiBiz
米、石油製品市場に敵なし 低価格武器に進む開拓 欧州産を駆逐
http://my.reset.jp/adachihayao/index12062503.htm
http://bit.ly/LUS5PZ
http://www.adachihayao.net/1206250301.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250302.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250303.jpg
シェールやメキシコ湾での資源開発事業の進展で米国産の石油・ガス製品の低 ... 米エネルギー省の最新のデータによれば、今月1日終了週の米国の石油生産高 ... 現在も米国産天然ガス価格は1年のこの時期としては98年以来の低い水準で推移している。

その他

Lopez group eyes 600-MW hydro plants
http://bit.ly/LKzuBv
Inquirer.net (blog) - ?8 hours ago?
First Gen Corp. plans to build two hydropower plants in Bulacan and Nueva Ecija provinces, according to documents from the Department of Energy.

For better or for worse
http://bit.ly/Od5HGz
Kuensel, Buhutan's National Newspaper - ?Jun 23, 2012?
Hydropower generation is moving to its three-month peak season, which will bring in ... and the 114 MW Dagachu hydropower plant to start operations next year.

日ロエネルギー協力の強化で一致 経産相がロシア担当相と
http://s.nikkei.com/MSHSOt
日本経済新聞 - ?14 hours ago?
会談後、共同建設で大筋合意している極東ウラジオストクの液化天然ガス(LNG)基地 ... サハリン大陸棚の石油・天然ガス開発事業「サハリン3」への日本企業の参加に期待を表明した。 ... 枝野経産相は会談後、福島第1原子力発電所の事故で発電用のガス需要が急増したことを踏まえ「エネルギー供給 ...

競争促し供給力高める電力改革に
http://s.nikkei.com/Lk0JSg
日本経済新聞 - ?11 hours ago?
原子力発電への依存度の低下が見込まれ、自然エネルギーがすぐに主役になるのも難しい ... 最優先の課題は電力市場に多様な企業の参入を促し、競争を通じて供給. ... 公営企業などがもつ水力発電所は安定した発電源だが、その電気は既存の電力会社が ... 導入するには、風力や地熱に恵ま ...

原子力基本法改定 核兵器開発に道開くのか
http://s.nikkei.com/Lk0JSg
琉球新報 - ?5 hours ago?
20日成立した原子力規制委員会設置法は、付則で原子力基本法の2条・基本方針を変更した。原子力研究・開発・利用は「平和目的に限る」という部分に「安全保障」を加え ...

○送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

姉妹サイト
みんなの党 足立やすし
http://www.adachiyasushi.jp/

« 原子力基本法に国の安全保障 | トップページ | 民主造反は首謀者だけを極刑に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チベットは観光開発か水力開発か:

« 原子力基本法に国の安全保障 | トップページ | 民主造反は首謀者だけを極刑に »