フォト
無料ブログはココログ

« インドネシアの石炭火力に新しい息吹 | トップページ | インドのCDMに疑問の声 »

2011年10月 9日 (日)

ブータンのダムにも環境批判

【日刊 アジアのエネルギー最前線】ブータンのダムにも環境批判
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm


アジアのエネルギー開発に関心を持っている足立隼夫です。昨日は好天の中,武庫の台に20人ばかり集まり,楽しかった。最高の秋の快晴に当たると,本当に得をした気分になりますね。余り成績がよくなかったので癪だったが,このコンペは100回記念大会で,考えてみれば50年の歴史を持っており,私が木曽にいた26歳の頃に始まっており,その第1回コンペに出場した先輩も参加して,歳とも思われない成績を残していました。

83歳の先輩,昔の上司ですが,この前のコンペの後で大阪に出てゆくと,足立さん負けたそうですね,と会うしょっぱなから皆に言われていた。その先輩は成績表をコピーして,あちこちに配って説明していました,今度は悪いなりに1打勝ったら,その顔は残念そうだった。それでも本当にエージシューターになりそうな先輩がいるのには驚いてしまう。RAFを少し広めることにするか。

RASは私の考案で,レートオブエージシューターの略である。年齢をグロスで割った割合で,例えば,80歳の人が100で回ると,100分の80,即ちRASは80%である。二十歳の人が100で回ると,わずかに20%と言うわけである。今度のコンペはこのRASで順位をつけて賞品を出すようにしたら面白いかもしれませんね,絶対年寄り優位かな,そうも行かないかな。

パキスタンは,電力不足が深刻で国民は苦しんでいる,政府は,もうすぐ大ダムに着工するから,と国民を宥めているが,それも遠い将来の話である。親米か親中か,揺れ動いています。ミャンマーの民主化は果たして果たして深まるのでしょうか,世界が注目しています。ブータンのダム建設に,おそらく初めてでしょう,河川環境の問題が頭を出しています。


☆ 米大統領,武装勢力との断絶,パキスタンに要求

米大統領,武装勢力との断絶,パキスタンに要求,パキスタン軍や軍情報機関がアフガニスタンの武装勢力と関係していることは「疑いない」と明言,パキスタン側が改めて態度を硬化させる可能性がある。大統領は会見で「米国民や国益の保護に資するかどうか,と言う観点で判断する」と言い切っている。私は,少なくともギラニ首相は,舵を中国に向かって切った,と考えているが,パキスタン内部は,そう簡単には割り切っていないだろう。

パキスタンにとって見れば,少なくとも開発の資金面から言えば,明らかに中国のほうがやりやすいが,現実の,問題として米国は現在,武力でアフガニスタンを支配していると同じ状況にあり,一旦ことあるときは,米軍の前に何の行動も起こせない,それはビンラディンの殺害事件で見てきたとおりである。また,中国との関係が円滑に行っているkどうか,そうとはいえないところがある。ダム建設で,主としてモダリティの問題で,中国は問題意識を持っている。

中国政府は,確かに北朝鮮をももてあまして入るが,それでも,北朝鮮に対しては,ただ金正日主席一人を見ていればよいが,一応民主国家であるパキスタンの場合は,一体どこを押さえればよいのか,大いに迷っているのではないか。少なくとも,プロジェクトの認可権を持つ政府内の計画委員会や,常に内閣をいじめている国会の場では,中国政府は何も出来ない。中国の苛立ちに対して,オバマ大統領は,今は強く出るべき,と考えているのではないか。


☆ ミャンマーの3,200MWミッソンダムの工事5年間棚上げの決定の衝撃

ミャンマーの3,200MWミッソンダムの工事5年間棚上げの決定の衝撃,いまや中国は世界のダム開発を,環境は移住の問題を軽視して進め,37の国営企業が世界に散開して,100箇所以上のダム建設を手がけており,ウインウインといいながら,反中感情が世界の各所で問題になっている。テインセイン大統領が,本当に民主化勢力を背景に中国に立ち向かっているのであろうか。私は,それをとく鍵は,これからの軍部の立場だろう。

世界の政権交代の場で,前政権が裁かれなかった例は,例え民主主義の骨格を供えた国でも,それほど多くない。フィリッピンでさえも,前のアロヨ大統領は,おそるおそる政権を手放している,ある政治的立場を得てから,秋の大統領に政権を渡している。ミャンマーの場合に,例えばタンシュエ将軍などが訴追されるような民主化が実現するとなると,軍隊を動かしても,新政権を潰しにかかるだろう。タンシュエ将軍の影が全く見えないのが不気味である。

軍部は,少しでも前政権が訴追されるような新大統領の動きがあれば,徹底した行動に移ることは間違いない。おそらく,テインセイン大統領は,タンシュエ将軍たちに訴追しないとの何らかの保証を与えて,今回のダム工事中断の決意をしたと見る。見せ掛けの民主化とはいえ,もうこれ以上中国からの甘い汁を吸うことは困難,と判断したのなら,国際社会から非難を浴びるような中国との連携は,抑えるべき,との判断が大統領に働いた。

今のテインセイン大統領の頭の中には,どのようにしてASEAN諸国と足並みを揃えて行くか,来るべきASEANの総会を,どのようにして議長国ミャンマーを実現するかに一生懸命である。このミッソンダムの中断は,非常に大きな問題だが,それでも,ASEAN諸国と対等に付き合って,しかもネピドーで議長国として年次総会を主導できるならば,如何に大ダムとはいえ,5年間の棚上げぐらいは,やってみる価値はあったのではないか。

問題は中国側から見た場合である。ダムはとにかくとして,中国の周囲を自国領域または属国として持続的な関係を作り上げる,これは中国にとっては,どの派閥にとっても重要な命題で,チベット,新彊,内モンゴルの平和を保ち,南シナ海を支配し,北朝鮮を属国とする,ここまではよいとする,しかし騒がしいのは,中国が覇権を目指すミャンマーとパキスタンの動きである。ミャンマーの今回の動きは,中国にとっては,かなりショックだったのではないか。

ミャンマーの電力大臣が,ミッソンダムは国益から判断して継続する,と断言した直後に,大統領はスーチーさんと会談,タイミングとしてはそのあとで,国会にダムの中断を定義して一応承認された形となった。だから,新しい政権内でも,中国との関係を中心に対立があるのだろう。中国との関係を修復するのは難しくないから,公開された国会でダム中断を決めて,旧勢力へは訴追の可能性を否定させた上での,今回の動きなのだろう。


☆ ブータンは今後10年で果たすべき10GWの水力開発と,河川環境の破壊のジレンマに悩む

ブータンは今後10年で果たすべき10GWの水力開発と,河川環境の破壊のジレンマに悩む,開発と環境の問題が論じられたのは初めて,既定の10GWは経済発展のために仕方がない,それ以降は慎重な調査が求められる,特にプナチャンチュ河の3つのダムは問題は,と国内の環境擁護派が論じている。インドが進めるダム開発については,ブータンはなんの躊躇いもなく,ここまで歓迎してきた。

経済的にも,このインドの開発の動きにブレーキをかけることは,全くなかった。ここにきて河川環境の問題が出てきた。彼らは,ダムによる流況の変化を問題にしている。一般に,ダムによって洪水を制御し,乾季にはダム下流に最低でも渇水量を放流して,河川維持のための維持放流量として許してきた。この考え方にも問題が生ずる,かなり踏み込んだ議論をしている。

考えてみれば,ブータンの人々にも,河川環境を議論する余裕が出てきたとでも言うのだろう。ブータンの人々にとって,王様は絶対尊崇の対象で,数年前に父王から帝位を譲られた若いワンチュック国王は,先日,ブータンの美女と婚約し,結婚式がまもなく執り行えるが,質素を旨とする王家は,派手な行事を拒否しているが,国民は許さないようだ。このダムの問題も,GDPよりもGNHを重視する王様が,どういう発言をするのだろうか。


☆ パキスタンのギラニ首相は,国会で,4500MWのディアマーバシャダムの定礎式を10月18日と

パキスタンの国民は,一向に改善されない電力不足と実際に毎日10数時間の計画停電の影響を受けて,怒り悔いるっている。いつも政府が国民を宥めるのは,ダムの着工が決まったから,とか,ダムの資金の調達が出来たから,と発表することだが,電気が生まれるのは10年も20年も先の話である,それで国民は黙らせられるわけだが,まるで日本政府の,心配するな,予算の無駄を徹底的に省く,と言われて黙る日本国民のようだ。

パキスタンのダムの話は,常に,計画委員会が承認したとか,国会の委員会が承認したとか,国家予算が今年度いくらついた,とか国内ばかりの話で,政府の機関が如何に承認しても,誰も資金を貸してくれないから,実際には全く進展しない。私が記事を見るときも,また国内の手続きの話かよ,とパキスタン国民に成り代わって腹が立ってくる。停電の言い訳に,50億ドルのバシャダムの話をするのは止めてほしい。


☆ フィリッピンの再生可能エネルギー開発は,プロジェクト実施の段階に入ってきた

フィリッピンの再生可能エネルギー開発は,プロジェクト実施の段階に入ってきた,最初の承認分は,50MW太陽光をはじめ760MWで,この分の電気料金は別枠で需要家に上乗せされるが,当初3年間は,政府の補助金が投入される,額は119億ペソなど。日本も同じような再生可能エネルギー法案を通過させたが,フィリッピンでは現在,高止まりの電気料金を電力改革で安くしたのではないか,と国民から攻撃されている。

電力改革は,電気料金を上げることになる,と言う事実を,フィリッピン国民も共有する必要がある。特に電力取引市場,WESMでは,ことある毎に,ジャンプアップする取引価格の扱いに苦慮している。私の頭の中では,日本の電気料金はフィリッピンと同じように,平均18%近辺と言う感覚があったが,今は12セント,あれっと思ったら,実は円高の結果なのですね,アジアでもそんなに高い料金には見えなくなってきた,不思議な現象


☆ 参考資料

●111009A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの電力不足は豊富な包蔵水力の開発によって,輸入燃料を減らして対応すべき
‘Tapping hydel potential to resolve power shortfall’
http://bit.ly/oisUG7
http://my.reset.jp/adachihayao/111009A01.jpg
The capacity shortfall in the electricity sector can be resolved by tapping domestic hydel potentials and choosing appropriate fuel mix by lesser imports, coupled with diversification in thermal electricity generation sources, a report prepared by the Planning Commission of Pakistan with the help of Faisal Jamil, an energy specialist suggests.around 30 percent with the production capability of 15,232MW against the peak demand of around 19,228MW,estimated hydropower potential of 50GW,12.9 percent had been exploited,Pakistan, Bhutan and Nepal,50GW, 23.7GW and 42GW

パキスタンの電力不足は豊富な包蔵水力の開発によって,輸入燃料を減らして対応すべき,現在,最大ピーク需要は19,228MWに対し発電設備は15,232MW,水力包蔵は50GW,周辺国,ブータンは23。7GW,ネパールは42GWである

●111009B Bhutn, kuenselonline.com
ブータンは今後10年で果たすべき10GWの水力開発と,河川環境の破壊のジレンマに悩む
Damming or damning rivers?
http://bit.ly/r3UZnj
http://my.reset.jp/adachihayao/111009X01.jpg
http://my.reset.jp/adachihayao/110813X01.jpg
Is accelerated development of the hydropower sector in conflict with the environment?Bhutan ambitious plan to tap 10,000MW of hydropower by 2020 (eight years and two months from now) may be following a clean and green path, but what has not been talked about is how it might affect or permanently destroy the country’s pristine riverine ecosystem.four major river basins,Punatsangchhu having three projects,Karma Chophel of the national environment commission,aquatic invertebrates,Epiophlebia laidlawi,nature conservation division, Sonam Wangchuk,run-of-the-river schemes,Chukha dam,backwaters,WWF vulnerability assessment of Wangchuck centennial park in central Bhutan states,ecologist Rebecca Pradhan of the Royal Society for the Protection of Nature,15 projects planned or ongoing on about nine rivers,720MW Mangdechu project,Jigme Singye Wangchuck and Manas national parks,environment impact assessment (EIA)

ブータンは今後10年で果たすべき10GWの水力開発と,河川環境の破壊のジレンマに悩む,開発と環境の問題が論じられたのは初めて,既定の10GWは経済発展のために仕方がない,それ以降は慎重な調査が求められる,特にプナチャンチュ河の3つのダムは問題

●111009C Pakistan,tribune.com.pk
パキスタンのギラニ首相は,国会で,4500MWのディアマーバシャダムの定礎式を10月18日と
Hydropower solution: Gilani unveils first step in ending power crisis
http://bit.ly/o3lD32
http://my.reset.jp/adachihayao/111009C01.jpg
http://my.reset.jp/adachihayao/111009C02.jpg
With the state grappling with the public fallout from severe electricity shortages across the country, Prime Minister Yousaf Raza Gilani on Friday announced the date of the construction of Diamer-Bhasha Dam and signalled that his government had the wherewithal to see out the power crisis.wherewithal,Diamer-Bhasha Dam,October 18,ill-fated Kalabagh Dam,Neelum Jhelum, Mangla Dam and Thar Coal,8,000 MW in the last three and a half years,10,000 illegal tube wells in Balochistan,Water and Power Minister Syed Naveed Qamar

パキスタンのギラニ首相は,国会で,4500MWのディアマーバシャダムの定礎式を10月18日と,電力不足を救ういための行動として,ニールムージェルム水力,タール石炭火力の推進を挙げる,国内手続きばかりで,肝心の資金上達など,どうなっているのか

●111009D Myanmar, hydroworld.com
ミャンマーの3,200MWミッソンダムの工事5年間棚上げの決定の衝撃
Building resistance to China's dams; Export of hydropower projects triggering local backlash
http://bit.ly/mZVPZr
http://my.reset.jp/adachihayao/111009D01.jpg
China's frenzied dam-building at home and abroad is emerging as a flash point in interstate and intrastate relations in Asia. The latest case is Burma's decision to suspend work on a controversial Chinese-funded dam that has become a symbol of China's resource greed and a trigger for renewed ethnic insurgency in northern Myanmar areas.Myitsone Dam,seven dam projects in northern Burma sponsored by China,Kachin Independence Army and government forces,3,200-megawatt Myitsone Dam,Irrawaddy River,Pakistani-held Kashmir,noninterference in domestic affairs,Tibetan Plateau, Xinjiang, Inner Mongolia and Manchuria,Sinohydro,37 Chinese financial and corporate entities,more than 100 dam projects,ranging from Burma and Congo to Laos and Zambia,Dapein and Shweli dams,anti-Chinese sentiment,pay attention to environmental protection

ミャンマーの3,200MWミッソンダムの工事5年間棚上げの決定の衝撃,いまや中国は世界のダム開発を,環境は移住の問題を軽視して進め,37の国営企業が世界に散開して,100箇所以上のダム建設を手がけており,ウインウインといいながら,反中感情

●111009E China, news2u.net
水力発電市場は米国と中国が主導
http://bit.ly/ncoJxv
水力発電市場は米国と中国が主導,米国と中国が主導,水力発電は、クリーンな電力発電のための再生可能資源,2010年の世界における水力発電市場の設備容量は、トップが中国で21%、次いで米国が10%、ブラジルが8%を占めています

●111009F Philippines, mb.com.ph
フィリッピンのミンダナオ南西端,ザンボアンガに100MW石炭火力建設へ
Alcantara Group to build P12-B power plant in Zamboanga
http://bit.ly/p6nDJB
http://my.reset.jp/adachihayao/111009F01.jpg
The Alcantara Group is poised to secure local approval for its plan to put up a P12-billion 100-megawatt coal-fired power plant in the eastern part of Zamboanga City following positive results of the initial series of public consultation by government agencies.Zamboanga City,Department of Environment and Natural Resources in Zamboanga,San Ramon Power Corporation,San Ramon,Environmental Management Bureau (EMB) of the DENR,Zamboanga City Electric Cooperative, Inc. (ZAMCELCO),a million people,by 2014,two diesel-fired power plants,Sarangani,active player in the economic development of Mindanao

フィリッピンのミンダナオ南西端,ザンボアンガに100MW石炭火力建設へ,BOTでアルカンタラ財閥系のサンラモン電力,環境クリアランスのため公聴会を開催へ,市周辺を巻き込んで100万人対象,2014年運転開始の予定

●111009G Philippines,mb.com.ph
フィリッピンの再生可能エネルギー開発は,プロジェクト実施の段階に入ってきた
Initial RE subsidies expected P11.79B
http://bit.ly/nDKTiJ
For the initial renewable energy (RE) installations of 760 megawatts approved by the Department of Energy, the scale of subsidies to be passed on in the consumers’ electric bills in the next three years will sum up to P11.79 billion.National Renewable Energy Board (ERB),on stream until 2014,feed-in-tariff allowance (FIT-All),by 2012 would be P1.74 billion,50 megawatts of solar,FIT-All impact would be P0.0259 per kilowatt hour,By year 2013, to P3.12 billion,biomass. The FIT-All will then go up to P0.0842 per kWh,FIT-All pass on to P0.1463 per kWh or an equivalent of P6.93 billion in subsidies,RE Fund,

フィリッピンの再生可能エネルギー開発は,プロジェクト実施の段階に入ってきた,最初の承認分は,50MW太陽光をはじめ760MWで,この分の電気料金は別枠で需要家に上乗せされるが,当初3年間は,政府の補助金が投入される,額は119億ペソなど
http://bit.ly/nDKTiJ

●111009H Philippines,mb.com.ph
フィリッピンのアキノ大統領訪日の成果として,3つの大規模プロジェクトへの日本の協力期待
JICA eyed for 2 feasibility studies
http://bit.ly/nZwmg4
Optimism runs high among leaders of the Bases Conversion and Development Authority (BCDA) over the possibility of a Japanese grant to finance feasibility studies on three big-ticket projects drawn up by the state-run corporation.JICA Deputy Director General Tanaka Yasushi,BCDA Chairman Felicito C. Payumo and BCDA President and CEO Arnel Paciano D. Casanova,monorail loop system in South Metro Manila,Clark International Airport in Central Luzon,high-speed rail system connecting Metro Manila and Clark Special Economic Zone in Angeles, Pampanga,Mitsubishi, Hitachi, and Marubeni,93.7-kilometer Subic-Clark-Tarlac Expressway,public-private partnership model,which ends in 2016

フィリッピンのアキノ大統領訪日の成果として,3つの大規模プロジェクトへの日本の協力期待,マニラ南部のモノレールループ,クラーク国際空港,クラークーマニラ間高速鉄道,特にJICA田中部長が融資の木曽になるFSを無償実施と,2016年には完成させたい

●111009H Indonesia, thejakartapost.com
インドネシアの中部ジャワ,バンジャラン川の渇水で,出力が300MW減となる
60% production cuts in C. Java power plants
http://bit.ly/o4Dyzn
http://my.reset.jp/adachihayao/111009H01.jpg
A number of hydro power plants in Central Java are experiencing production cuts of up to 60 percent, following the prolonged dry season this year and subsequent water shortages.Ketenger, Baturraden and Banyumas plants,Banjaran River,Mrica Banjarnegara power plant,dropped to 300 megawatts, or between 60 and 70 percent of the total capacity

インドネシアの中部ジャワ,バンジャラン川の渇水で,出力が300MW減となる,発電所は,クタングール,バツラデン,バンユマスなど,地図で調べてみると,プルワカルタを水源とする南方向への河川筋

●111009I Indonesia, thejakartapost.com
インドネシアのリアウ,ミナス油田でシェブロンが新技術適用で生産倍増の可能性
Chevron to double oil production at Minas field
http://bit.ly/omD5xU
http://my.reset.jp/adachihayao/111009I01.jpg
PT Chevron Pacific Indonesia said Thursday that it planned to double its oil production at the Minas field in Riau by applying an enhanced oil recovery (EOR) technology.company's vice president for policy, government and public affairs, Yanto Sianipar,field trial next year,current 70,000 barrels per day [bpd],EOR technology by using surfactant,surfactant,investment may reach nearly US$7 billion,to around 140,000 bpd in 2014

インドネシアのリアウ,ミナス油田でシェブロンが新技術適用で生産倍増の可能性,一種の界面活性剤を使う方法で,高価であるため現在まで実用化されていない,シェブロンは70億ドルを投じて2014年までに,日70万バレルを140万バレルにあげる計画

●111009J India, economictimes.indiatimes.com
インドのNTPCの石炭火力で石炭供給に障害発生,北部,東部,西部への電力不足
Poor coal supply forces NTPC to reduce output in Bihar, West Bengal plant
http://bit.ly/naAAmi
http://my.reset.jp/adachihayao/111009J01.jpg
KOLKATA,Inadequate coal dispatches have forced state-run NTPC to slash output at two of its plants in Bihar and West Bengal, affecting power supply to parts of northern, eastern and western regions during the peak festival season. 35 of India's 86 thermal stations,barely last seven days, 26 of these plants,next four days,Central Electricity Authoirty,these 86 thermal power stations is 85,477 mw,shutdown of two 500-mw units of NTPC's Kahalgaon Thermal Generation Station in Bihar,Farakka Thermal Power Station in West Bengal to a fifth,If this situation prevails for three more days, we may have to shut down the entire station

インドのNTPCの石炭火力で石炭供給に障害発生,北部,東部,西部への電力不足,ビハール州と西ベンガル州の炭鉱,全国で86の石炭火力があって85,477MWのうち35箇所の発電所に影響,この状態が更に3日続くと,影響は全発電所に及ぶ可能性


○111007 米大統領:武装勢力との断絶、パキスタンに要求
http://bit.ly/oedZHE
米大統領:武装勢力との断絶、パキスタンに要求,パキスタン軍や軍情報機関・ISIがアフガニスタンの武装勢力と関係していることは「疑いない」と明言,パキスタン側が改めて態度を硬化させる可能性がある。大統領は会見で「米国民や国益の保護に資するかどうか

○111009 真の改革者か見せかけか=ミャンマーのセイン大統領―国際社会、依然慎重姿勢
http://bit.ly/oX1oGN
真の改革者か見せかけか=ミャンマーのセイン大統領―国際社会、依然慎重姿勢,「国民の反対」を理由にダム建設中止を決定し、国内外に驚きが広がっている。大統領に近い筋は「本気で改革を進めようとしている」と話しているという。

○送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« インドネシアの石炭火力に新しい息吹 | トップページ | インドのCDMに疑問の声 »

コメント

ブータンのダムに賛成です。なぜなら、下流のバングラデシュの人々にとって、それはかなえなくてはならない夢だからです。毎年洪水で多くの人の命が失われる国にとって、上流のダム建設は本当に長く待たれていたものだからです。
そのようにバングラデシュの治水関係のひとから聞いております。
ご意見をおきかせください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブータンのダムにも環境批判:

« インドネシアの石炭火力に新しい息吹 | トップページ | インドのCDMに疑問の声 »