フォト
無料ブログはココログ

« ガスタービンで電力自由化の旗手になれ | トップページ | 再生可能と揚水の関連を論議 »

2011年8月10日 (水)

中国の三峡ダムの上流は大都市群

【日刊 アジアのエネルギー最前線】 中国の三峡ダムの上流は大都市群
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm


熱いですね,関西電力は13時現在で,2,723万KW,90%と報じていますね。予備力10%の間はまだ余裕がある,と考えていいのでしょうが,4%を切ると,いつ供給力不足が起こってもおかしくない状況,と言うのでしょう。100万KWユニットが主要電源には多いから,その1台が故障で止まるという確率は,十分にありえる話ですね。どうですか,来年はまた水力を造りませんか,ピーク時間4時間で十分でしょう,あちこちに材料は,あるのでは。

☆ 中国の三峡ダム,7月,8月は雨季で,ダムの水位も高く,上流からの異物やごみが水面を覆い隠す

今日の記事,三峡貯水池で流れてくるごみと戦う人々の記事を読んで,改めてその大変さに思いをいたしたが,私の関心は,100万人を越える大都市が上流にあるダムの問題について,過去にも悩ませられたことを思い出す。ダムと言うのは大体において河川の上流にあって,流域内にはあまり大きな都市はないのが一般的でであるが,数え上げると,必ずしもそうではないということに気づく。

最初の経験は,インドネシアのジャワ島の西ジャワ州,チタルム河に建設したサグリンとチラタの貯水池である。上流にはバンドンと言う百万都市があって,1980年代だから,まだ十分に下水処理が出来ておらず,下流のダムの水質に大きな影響を与えた。どうだろう,今では少しは改善されたのであろうか,一時私が工事の後で現地を訪れたとき,硫化水素の匂いがして,当時は環境問題が十分に考えられていなかった,と反省したものだ。

また,中国の雲南省昆明に行ったときに,現地の状況を伝えるメールを書いたとき,ハノイで働いていた友人が,この紅河の上流にそのような大都市があるとは信じられない,と言われてみれば,ハノイはまさに昆明の下流で,雲南省が水源だ。私の想像では,数十万年前に鬱蒼と深い原始林に覆われていた雲南省から流れ下る木々が,おそらく豊富な紅河流域の石炭包蔵を齎したのだろうと。

中国の三峡ダムは,上流が四川省で,重慶や成都など,中国を代表する大平野である。7月,8月は雨季で,ダムの水位も高く,上流からの異物やごみが水面を覆い隠すごとく流れ込んでくる,これに対して船でごみ処理を行う人々の苦労がある。最盛期,2010年10月26日,水位は最高の175mに達し,176隻の船が活躍したと言う。三峡ダムは流域に比べてダム容量が小さいので,どうあろう,水質の問題はそれほど深刻にはならないのか。


☆ 日ヨルダン原子力協定が審議入り

日ヨルダン原子力協定が審議入り,3月に参院で可決済みで、4月に衆院でも採決する予定だったが、福島原子力発電所事故の政府の対応を巡って自民党が反発。ヨルダンの原発受注では、三菱重工業と仏原子力大手アレバの日仏連合と、ロシアやカナダの企業が年内の落札に,争奪戦を繰り広げている。日本の技術陣も,少しは精神的に立ち直ったのであろうか,関係者の奮闘が期待される。


☆ 橋下維新の基本条例案が判明 「教育に政治関与」明記

これは結構,大変なニュースではないか。橋下徹大阪府知事が代表の「大阪維新の会」が府議会に提出する方針の「教育基本条例案」など2条例案の原案全文が判明,「あまりに政治が遠ざけられ、教育に民意が十分反映されない不均衡な役割分担を改善」する必要性を強調。政治主導で教育現場の管理強化を図る狙い,と報じられている。橋下さんは,教育も電力も,すべて政治の枠の中に取り込もうとしている。


☆ 参考資料

○110810A Myanmar, hydroworld.com
インドのNHPCは,ミャンマーのチンドウイン川の2つのプロジェクト
Indian NHPC takes closer look into two new hydropower projects in Myanmar
http://bit.ly/rdP5F2
Indian hydropower developer NHPC Ltd. (BOM:533098) announced it was currently preparing detailed project reports for two hydropower projects in Myanmar.

インドのNHPCは,ミャンマーのチンドウイン川の2つのプロジェクト,1200MWタマンティ,660MWシュエザエの水力プロジェクトの詳細設計図書を準備中,総事業費は33億ドルに達する見込み。ブータンもプロジェクト推進中

○110810B India, domain-b.com
インドの水力開発,電力省が国会説明,特に民間開発が順調で,2011年7月までの運転開始は,13,761MW
Private power producers achieve 70 per cent of allocated 11th Plan capacity
http://bit.ly/p4KcZp
Private power companies have commissioned 13,761 MW of generating capacity till July 2011, nearly 70 per cent of the total 19,796.5 MW capacity allocated for private sector development during the 11th Plan period.

インドの水力開発,電力省が国会説明,特に民間開発が順調で,第11次五カ年計画の2011年7月までの運転開始は,13,761MWで,計画の70%に達している。他のプロジェクトについても,電力省は承認を与え,具体的な準備が始まる情勢にある。

●110810C China, chinadaily.com.cn
中国の三峡ダム,7月,8月は雨季で,ダムの水位も高く,上流からの異物やごみが水面を覆い隠す
Keeping the Yangtze clean
http://bit.ly/nJUFoU
Three Gorges section of the Yangtze River,Zhou Gonghu, a 50-year-old cleaner of floating garbage,July and August is the rainy season,So in 2006, the local government started to hire people to clean up the garbage.smooth running of the Three Gorges hydropower plant,Tan Xiaohua, director of Zigui county environmental protection bureau,50 yuan ($7.75) a day for 20 cubic meters of garbage,water level hit its designed maximum capacity of 175 meters on Oct 26, 2010,176 boats to clean up

中国の三峡ダム,7月,8月は雨季で,ダムの水位も高く,上流からの異物やごみが水面を覆い隠すごとく流れ込んでくる,これに対して船でごみ処理を行う人々の苦労がある,最盛期,2010年10月26日,水位は最高の175mに達し,176隻の船が活躍した


○110810 日ヨルダン原子力協定が審議入り
http://s.nikkei.com/pYGtRL
日ヨルダン原子力協定が審議入り,3月に参院で可決済みで、4月に衆院でも採決する予定だったが、福島原子力発電所事故の政府の対応を巡って自民党が反発。ヨルダンの原発受注では、三菱重工業と仏原子力大手アレバの日仏連合と、ロシアやカナダの企業が年内の落札に

○110810 中国初の航空母艦、本日から試験航海…旧ソ連製・大連で改装
http://bit.ly/pUQOPu
中国初の航空母艦、本日から試験航海…旧ソ連製・大連で改装,当初から「実際には中国軍が購入し、軍事目的で使う」との見方があったが、中国国務院台湾事務弁公室の李維一報道官が、「政治的な目的がある(事実にもとづかない報道)」と強く反論した反論した。

○110810 橋下維新の基本条例案が判明 「教育に政治関与」明記
http://bit.ly/oirIZN
橋下徹大阪府知事が代表の「大阪維新の会」が府議会に提出する方針の「教育基本条例案」など2条例案の原案全文が判明,「あまりに政治が遠ざけられ、教育に民意が十分反映されない不均衡な役割分担を改善」する必要性を強調。政治主導で教育現場の管理強化を図る狙い

○送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« ガスタービンで電力自由化の旗手になれ | トップページ | 再生可能と揚水の関連を論議 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の三峡ダムの上流は大都市群:

« ガスタービンで電力自由化の旗手になれ | トップページ | 再生可能と揚水の関連を論議 »