フォト
無料ブログはココログ

« ミャンマー正規軍と武装カチンの戦闘熾烈 | トップページ | 第3次大戦があればそれはインパキから »

2011年6月18日 (土)

チベットで人類最後の水力開発を進める中国

【日刊 アジアのエネルギー最前線】チベットで人類最後の水力開発を進める中国
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm


☆ 脱原発に向かう市民運動家,菅総理の本領

新聞は,菅内閣が8月6日まで政権を保持し,原爆記念日に一挙に国民投票に賭ける,と報じている。国民投票というのは解散総選挙のことで,そのテーマーは唯一つ,脱原発だという。結局,保守の道を歩めなかった菅さんの最後の拠り所なのかも知れない。イタリア国民は,自分たちのエネルギー問題を真剣に議論することもせず,欧州の他の国からの電力輸入で生きて行こうとしている,これも国民性か,菅さんもこの道を追う。


☆ 中国は,チベットの水力開発を,人類最後の挑戦と考えている

中国は長距離送電線に挑戦してきたが,いよいよ,チベットからの電力を,沿岸部へ送るための最後の挑戦に取りかかっている。ヒマラヤから流れ落ちる水は,ブラマプトラ河を介して,下流のインドやバングラデシュを潤しているが,中国はその前に,それを水力電気に換えて中国本土へ送る,その覚悟を決めたようだ。とても遠いが,しかし,このブラマプトラ河の持つポテンシャルは,何とも魅力的である。

今日の報道は,ブラマプトラ河の有名な大屈曲点の手前,北方から流れ込むニャン川の上流に建設中の,102MW,2億ドルの発電所が,2007年着工以来,実に4年ぶりに運転を開始するという。この近くには,40MWのスエコ水力があって,数年前に完成している。ラサからは340kmもあるが,どうして中国がこの不便な奥地から行動を起こし始めたのか,疑問に思うが,アクセスが案外よかったのか。

昨日は私も集中的にチベットの水力開発計画を追ってみた。結果は,私のHPにあるアジアのエネルギー最前線の,グーグルのマップに集約している。余談だが,グーグルのこの地図は,マーカーが200までしか打てない,それ以上は別頁になる。どうすればもっと打てるか,ネット上で議論が続いているが,グーグルからは何のコメントもない。東京都環状線内のトイレの位置をプロットした人がいるが,これは5000以上で,どうしたのか。

このチベットの水力を追ってみると,大屈曲点の箇所が,驚くなかれ30kmのトンネルでショートカット,落差が2000mもとれる,出力は40,000MWを越すことになる。発電所の位置は,まさにインドのアルンチャルプラデシュののど元,インドの実効支配領域の直上流になる。この屈曲点から北の方に大きな支流がある。パルルン川とユイワン川であるが,この北西から南西に向かう川には,7つのダム計画がある。

この7つのダムは,いずれも500MWを越す大規模水力で,中国がチベットの水力に如何に魅了されているかが分かる。この大屈曲点の本流に流れ込む直上流にパロンダムを計画中だが,これは一つのダムで実に,2,760MWの設備出力を計画している。これは中国の最後の戦いであると同時に,人類にとっても,まさに水力エネルギーとの最後の戦いになるのだろう。

また問題は,中国本土の水不足である。このまま行けば,中国は水で滅びる可能性がある。今のところ下流のインドに対しては,流れ込み式で下流には影響を及ぼさない,とシン首相を納得させているが,貯水池を建設せずに最後まで行くとは思えないし,将来,中国経済が滅びる可能性があるならば,中国はどの様な手段を使っても,ヒマラヤの水を西へ運ぶだろう。渤海湾の海水をチベットに運ぶ,とんでもない構想もあるぐらいだから。


☆ 参考資料

●110618A India, Economic Times
インドの電力大臣は今年3月に出された環境森林省の省令の取り消し求める
Prior forest clearance to delay projects further, complains power ministry
http://bit.ly/mGdgXr
Power ministry has asked environment ministry to withdraw a recent directive that requires projects to secure forest clearances before beginning other work. directive issued in March, power secretary P Uma Shankar,addition of 17,601 mw generation capacity in the current financial year,50,000 mw in the 11th plan,envisaged 62,000 mw,34,462 mw capacity have been set up during 2007-11,ultra mega power projects of 4,000-mw,Coal minister Sriprakash Jaiswal

インドの電力大臣は今年3月に出された環境森林省の省令,大規模インフラ,石炭火力,水力のプロジェクトは,事前に森林伐採許可を取る必要,に対して,省令の取り消しを求めている,計画委員会の11次五カ年計画,34,462MW達成困難とhttp://bit.ly/mGdgXr

●110618B Myanmar, rfa.org
ミャンマーのカチンとの戦闘で中国外務省がミャンマー政府に善処を要請
China Warns Burma Over Fighting
http://bit.ly/lyUBJN
Clashes escalate between Burma's military and ethnic minority armies. China has called on the Burmese military government to avoid escalating recent fighting in Kachin, where it has a number of hydropower projects, as rebel forces in the region called on Beijing to mediate a settlement.,Chinese Foreign ministry spokesman Hong Lei,10,000 refugees,Kachin Independence Army (KIA),U.S. Campaign for Burma,Kachin capital Myitkyina,KIA press spokesman Henry Branglai,first attack on KIA troops on June 9,around 10,000 troops,ended 17 years of ceasefire,ASEAN Inter-Parliamentary Myanmar [Burma] Caucus (AIPMC),Kachin town of Mai Jay Yang,UN High Commissioner for Refugees (UNHCR),Fighting in Burma's Kokang state in August 2009

ミャンマーのカチン族武装グループと政府軍の戦闘,10000人を越える避難民が中国領内に雪崩れ込み,中国政府がこれを追い返しているとの情報に対し,中国外務省はこれを否定,保護していると,ミャンマー政府に対し適切な処置を要請 http://bit.ly/lyUBJN

●110618C China, english.peopledaily.com.cn
中国のチベット,ブラマプトラ支流ニャン川上流,102MWのラオフズイ水力が竣工
New hydropower station begins operation in Tibet
http://bit.ly/kaGRMu
A new hydropower station became operational Friday in southwest Tibet Autonomous Region, as a first step to build a clean energy base in the plateau region.,Laohuzui -- which translates into "tiger's mouth",Gongbo Gyamda County of Nyingchi Prefecture,2.5 million to 2.6 million,kilowatt-hours of electricity daily,Construction began in 2007,1.288 billion yuan (200 million U.S. dollars),installed capacity of 102 megawatts,722.6-million-yuan, 40,000-kilowatt Xoka hydropower station,25-billion-yuan, 3.78 million-kilowatt Songta hydropower station,60 million kilowatts of hydropower reserves

中国のチベット,ラサから340km東部のブラマプトラ支流ニャン川上流,102MWのラオフズイ虎口水力が竣工した,2007年に着工,付近には既に運転を行っている40MWのスエカ水力がある,チベットの水力開発がいよいよ軌道に載ってきた http://bit.ly/kaGRMu

○送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« ミャンマー正規軍と武装カチンの戦闘熾烈 | トップページ | 第3次大戦があればそれはインパキから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チベットで人類最後の水力開発を進める中国:

« ミャンマー正規軍と武装カチンの戦闘熾烈 | トップページ | 第3次大戦があればそれはインパキから »