フォト
無料ブログはココログ

« 浜岡原発への中部電力の熟慮 | トップページ | 東電存続前提とせず発送電部門分離も »

2011年5月13日 (金)

総理大臣自らが電力需給の調整に

【日刊 アジアのエネルギー最前線】総理大臣自らが電力需給の調整に
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm


☆ 豪雨を際よく避けての伊勢の測量作業,更新遅れ,ごめんなさい

レーダーを読むと日本列島の主要部は激しい雨雲に停滞されている。一昨日は新名神で津まで行って,測量作業,一泊して昨日も測量。殆ど雨に降られなかったが,雨雲は北ぎりぎりで,北の空は真っ暗だった。帰りは名神が豪雨の中にあったので,津から真っ直ぐ直線で茨木まで帰ってきた。今日は雨雲が南下して,茨木は雨雲の北限で,殆ど雨は降らず,逆に津は雨雲の真っ直中にある。幸運と言えば幸運だった。更新が遅れた。


☆ 福井県,原発安全対策は「想定外,想定を」,県議会全協で説明,厳しい意見相次ぐ

福島原発事故で,電力使用制限が玉突き状態で,関電の福井県の原発まで影響を受けてきた。福井の3つの発電機が定期点検中で,その再起動に福井県の関係先が否定的という。これは問題が大きいですね,電力不足が日本列島全体に及んできた。一旦止まれば,再起動が政治的に大変な作業であることは,これからはなかなか止められないことになるが,定期点検の仕様はそのことよりも安全上上位なのだろう。

浜岡原発は,30年内に起こる地震の確率は87%と書かれている。地震に対して原子炉が破壊される確率はゼロに近い,と言う書き方をすれば,安全への認識は全く違ってくる。事実,今までの地震では,原子炉そのものは壊れていない。だから,浜岡原発の停止は停止でよいとしても,地震に対して安全かどうかを言って置く必要があろう。大地震や大洪水に,その様な生起確率87%と言うようなものがあるのですかね。


☆ 東電,公的管理に,崩れた市場の安全神話。政府関与強い企業に「投資リスク」

フィリッピンの電力セクターが早くに自由化へ踏み出し,途端に発電所の定期検査の日程が混乱して,「エネルギー長官自らが毎日の電力バランスをとって行かなくてはならない」,と冷やかしていたが,なんと日本では遂に,内閣総理大臣が自ら日本全国の電力バランスを指示しなければならない事態に陥っている,誠に情けない,電力は民間企業としての独立を誇ってきたが,遂に地に落ちた。

電力は地域独占で需要は与えられているから,完全な民間企業とは言えず,公益事業としての供給責任が重要,との認識であった。そのために各社はその電源開発計画に重要な意味を持たせて,発電所を建設してきた。各社間の電力融通も,独自の連携で行われてきたが,これからはどうなるのか,電気事業連合の需給調整はまだ可能なのか,或いは電力はもう既に供給責任を国に投げ出してしまうのか。


☆ パキスタンはインドがアフガニスタンのカブール川のダム建設を支援に警戒

私の尊敬するインドのマンモハン・シン首相が,今,アフガニスタンにある。治安が悪いので殆どの首脳は長居をしないが,シン首相のアフガン訪問は異例である。パキスタンはインドがアフガニスタンのカブール川のダム建設を支援する新たな資料に警戒している。資料によると,7つのダムが計画されており,その総貯水容量は50億トンを越す,最大は,事業費14億ドル,1,251MWのラグマン水力である,パキスタン報道。


☆ 参考資料

●110512A Indonesia, english.peopledaily.com.cn
インドネシアのミナミスラウエシに中国企業が10億ドル水力建設
Gezhouba to build, operate Indonesian hydropower plant
http://bit.ly/jgR3u3
China Gezhouba Group Corp, the parent of the Three Gorges Dam builder, plans to invest $1 billion to build a hydroelectric power plant in Indonesia's Sulawesi Selatan province. The move is part of a strategy to consolidate the company's presence in Indonesia's utility sector. ,PT Perusahaan Listrik Negara (PLN),Karama on Sulawesi Island,coal-fired power plant in West Kalimantan,Premier Wen Jiabao,$19 billion of investment credit,independent power producer (IPP),to be completed by 2017,for 20 or 30 years,more than 242 million,rapid 6.1 percent economic expansion in 2010,Li Chengye, assistant to the president of China National Electric Engineering Co Ltd,80 percent of the power plants under construction

インドネシア,南スラウエシ,プロジェクトは明確ではないが,中国企業が10億ドルを投じて水力発電をIPPで実施する,完成は2017年,温家宝首相の約束,19億ドルのうち,2006年依頼の中国企業のプレゼンスは80%に達する,石炭火力など http://bit.ly/jgR3u3

●110512B India, thenews.com.pk
パキスタンはインドがアフガニスタンのカブール川のダム建設を支援に警戒
India to help Afghanistan build 12 dams on Kabul River
http://bit.ly/ms3YWJ
it is feared that Pakistan will have to buy electricity from Afghanistan,Panj-Amu Darya River Basin, Northern River Basin, Harirud-Murghab Basin, Helmand River Basin and Kabul River Basin,President Asif Ali Zardari and Prime Minister Yusuf Raza Gilani,Arshad H Abbasi, a water and energy expert associated with the Sustainable Development Policy Institute in Islamabad,River Kunar,annual flows of about 18.3 million acres feet (MAF),$1.094 billion Konar (A) (94.8 MW) and Kama projects (11.5 MW),$1.434 billion Laghman project (1251 MW) with water storage capacity of 233568 acres feet

パキスタンはインドがアフガニスタンのカブール川のダム建設を支援する新たな資料に警戒している。資料によると,7つのダムが計画されており,その総貯水容量は50億トンを越す,最大は,事業費14億ドル,1,251MWのラグマン水力,水利権の問題 http://bit.ly/ms3YWJ


○110512 原発安全対策:「想定外、想定を」 県議会全協で説明、厳しい意見相次ぐ /福井
http://bit.ly/msmQqU
福井県,県内の原発の緊急安全対策について、経済産業省原子力安全・保安院の担当者が11日、県議会全員協議会で報告した。県議からは、今後の安全対策について厳しい意見が相次いだ。県は定期検査で運転停止中の原発の再起動について、慎重な姿勢 http://bit.ly/msmQqU

○110512 東海地震は本当に来るのか
http://bit.ly/jhmARB
東海地震は本当に来るのか,今後30年以内に震度6以上の地震が来る確率は87%,「危険が切迫している」と強調した。もし政府が、本当に「まもなく東海地震が来る」と判断したのなら、事は重大である。政府の被害想定によれば、最悪の場合、死者は9200人 http://bit.ly/jhmARB

○110513 東電、公的管理に 崩れた市場の安全神話
http://s.nikkei.com/iBFWXi
東電,公的管理に,崩れた市場の安全神話。政府関与強い企業に「投資リスク」。原発が主要電源と位置付けられるようになったのは1985年,それから26年。東電は福島第1原発の大事故をきっかけに、事実上の公的管理下に置かれることにhttp://s.nikkei.com/iBFWXi

最近のショッピングリスト

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○シャープ ブルーレイディスクレコーダー BD-HDW43
http://bit.ly/daa2PS
○超小型プロジェクター「Cinemin Swivel」
http://bit.ly/bHmv5g
○ソーラー充電可能なiPhone用バッテリージャケット
http://bit.ly/coE4KG
○レッツノートお取り寄せ10日程度,Panasonic CF-F9JYFNDR,
http://bit.ly/a7yRTF
○スーツケース激安店FKIKAKU送料無料・保証付
http://bit.ly/bXKNLu
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« 浜岡原発への中部電力の熟慮 | トップページ | 東電存続前提とせず発送電部門分離も »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総理大臣自らが電力需給の調整に:

« 浜岡原発への中部電力の熟慮 | トップページ | 東電存続前提とせず発送電部門分離も »