フォト
無料ブログはココログ

« カンボジアは目に余る中国の独断場 | トップページ | 九州電力がインドに一番近い »

2010年11月24日 (水)

中国の原子炉は2020年に10倍80GWへ

【日刊 アジアのエネルギー最前線】中国の原子炉は2020年に10倍80GWへ
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm

北朝鮮の韓国砲撃で世界の株式市場が影響を受ける恐れ,と脅えている。地政学的リスクというものが証券界にはあって,昨日のニューヨーク市場が140ドル下げて,地政学的リスク,即ち隣の日本の株式市場の受ける影響が計り知れない,と東京市場が開く前はパニックっていたが,開くと一気に160円下げて,1時間経過した現在10時の時点で,マイナス97円まで戻している。タイミングが悪すぎるが,影響は限定的か。

カンボジアのお祭りで380人規模の犠牲者が出た段階で,ツイッターの世界では,信じられない,と言う言葉で埋まっている。お祭りに30万人がプノンペンに押し寄せた,と言う数字も信じがたい。カンボジアには多くの友人がいて心配している。上海のマンションの火災で100人規模の犠牲者が出ているが,発展するアジアには,多くの危険が存在する。経済発展の速度が速いと,このような思わぬところに立ち後れが出てくる。

カンボジアの事件は,最初,日本の無償の日本橋かと心配したが,そうではなかった。ちょっと触れておきたいが,日本橋が出来た頃,橋の中央に日章旗が翻っていた。私は,不味いなあ,と思っていたが,偶々先方の電力次官と車で通過したときに,あれはいいんですかね,と話しかけると彼は,カンボジアの土地の上に立てられると問題,あれは橋の上だ,と言っていた。今,モンドルキリに翻る中国国旗はどうなのだろう。


東京発の記事で,中国の原子力開発の見通しが詳しく述べられている。現在の電力設備は874GW(日本は約240GW,米国は約700GW)であるが,依然としてGDP当たりの発電力が余りにも多すぎる。今後の成長見通しでも,2020年には倍の1,600GWと言っている。これに伴って原子力は現在の10倍の80GWに持って行くという,とんでもない数字である。記事から,参考になる数字を以下に拾っておく。

中国の原子炉は現在13基,25基が建設中,更に多くの計画が進行中で,2020年までに10倍の80GW,2030年までに200GW,更に2050年までに400GW,との将来計画を持っている。2006年時点で中国の電力は,80%が石炭,2%が石油,1%がガス,15%が水力であった。大規模水力では,三峡水力が18.2GW,黄河水力が15.8GWである。2009年の潜在ピーク需要は,94.6GWに達している。

2009年に於ける発生電力量は364.3億KWhで,これは2008年の345億KWhの6%伸びに相当する。2010年には381億KWhに達する予想である。設備出力は2009年末時点で874GWで,2008年の793GWから10.2%の伸び,更に前年2007年の713GWから11%伸びている。今後は少し伸びが落ちて,2020年で1,600GWの予想である。

2007年末の状態で,水力が145GW,化石燃料が554GW,原子力が9GW,風力が4GWで合計713GWであった。2008年には,新規水力が20.1GW,新規石炭火力が65.8GW,新規風力が4.7GWであった。なお2009年に閉鎖された老朽石炭火力は26GW,2008年以来の閉鎖発電所は60GWに達する。これらの廃止で石炭需要6,900万トンが節約された。温暖化ガスに換算すると,1億3,900万トンである。

送電網では,UHVの発展で,交流100万ボルト及び直流80万ボルトが使用されている。2020年にはこのUHVの全国レベルの送電容量の計画は300GWで,400GWのクリーンエネルギーを送電する。それは水力が78GW,風力が北部からの送電で100GWを予定している。送電ロスは2010年に6.6%であるが,2020年には5.7%に改善する計画である。

原子力は1970年に着手したが,技術は,フランス,ロシア,カナダに依存してきた,特に国内の開発基地はフランスに依存してきた。最近では,東芝が資本を有する米国のウエスティングハウスとフランスが主要な技術的根拠である。短期的にはウエスティングハウスのAP1000が主体になる。中国原子力公社CNNCは,2020年までに1,200億ドルの投資を行う。


アンゴラにJBICが日本企業を支えて1000億円を投ずるという。それも繊維関係の工場の復旧だ,と言うから驚く。このような入り方もあるのだな,ということで,エネルギーと資源に集中する中国の資金が注入されているところに,繊維工場,と聞くと,発想の転換というか,誰が考えたのかな,と思ってしまう。中国に属国化されようとしているアンゴラへの,日本の抵抗である。この方法ならカンボジアでも可能だが,果たして効果的かどうか。

地球温暖化対策で中国が独自路線を歩もうとしている。発改委の解振華副主任が主役だが,月末からメキシコで始まるCOP16に対して,アドバルーンが上がっている。昨日話題になったインドのラメッシュ環境相と相い図って,京都議定書の遵守を主張する。中国は実際は努力しているのだが,80%石炭依存の現状をそう簡単には改善できない,COP16のつぶしにかかっている感じ,気候変動問題は,来世紀まで揉め続けるだろう。

日本原子力発電というのは,先日組織した日本国際原子力とは違いますよね,タイの原子力の検討を委託されたという。一時ニュージェックが関係しており,その後米国のコンサルタントが指名されていたが,再び日本がタッチすることになったのか。タイの原子力は,ベトナムと違って立地問題が大変で時間がかかりそうだが,タイの原子力はぜひとも日本でやって貰いたいと思う。

米国でシェールガスの初会議が開催され,日本からは日本ガス協会の植草伸幸・企画部計画グループマネジャーが参加して,電気新聞に対してコメントしている。一時の流行で終わらせたくない,とのコメント。やはり面のエネルギーだから,私は従来型の天然ガス資源から見ると,環境問題が出てくる可能性が高いと思う。それだけに,今後の主導権は,中国やインドに移るような気がする。

オーストラリア政府が,シェルの革命的なフローティングLNGプラントに,環境的な認可を下ろした。このアイディアは,日本の帝国石油開発がインドネシア政府にインドネシア東方のアラル海で提案しているもので,素晴らしいアイディアだと思うが,問題は初期投資の大きさだろう。シェルの案はた,世界最長の船で長さ480m幅75m,60万トン,50億ドル,米空母より大,2016年にも就航,設計はフランス企業で,製作は韓国のサムスン,

東京電力が主導するフィリッピンのTEAMエナージが,現在所有している石炭火力に加えて,再生可能エネルギー法の構想に沿った形で,ルソン北西部の15MW,小規模水力の開発の支援に乗り出すという。なかなか面白いと思う。小規模だから,採算に合うのかどうか,問題だが,エネルギー省は全国的にこの種のプロジェクトを進めているので,題材は多い,頑張って欲しい。

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R

●101124A China, indepthnews.net
中国の原子力発電の重要性増大,原子炉の設計から燃料サイクルまで自前
Nuclear Power Gaining Importance in China
http://bit.ly/hGfx8G
China is rapidly becoming self-sufficient in reactor design and construction, as well as other aspects of the fuel cycle, according to a dossier by the World Nuclear Association (WNA), which places the number of atomic power reactors in operation in China at 13.,Twenty-five nuclear reactors are under construction,to 80 GWe by 2020, 200 GWe by 2030, and 400 GWe by 2050,80% from coal, 2% from oil, 1% from gas in 2006,hydropower (15%),Three Gorges of 18.2 GWe and Yellow River of 15.8 GWe,Central China Grid Co. posted a peak load of 94.6 GW,in China in 2009 was 3643 billion kWh, 6.0% higher than the 3,450 billion kWh in 2008,2009 to 874 GWe,dossier,about 1600 GWe in 2020,State Grid Corporation of China (SGCC),ultra high voltage (1000 kV AC and 800 kV DC) transmission,Technology has been drawn from France, Canada and Russia,via Westinghouse, owned by Japan's Toshiba -- and France,Westinghouse AP1000,China National Nuclear Corporation (CNNC),CNY 800 billion ($120 billion) into nuclear energy projects by 2020

中国の原子力発電の重要性は急激に増大,原子炉の設計から燃料サイクルまで自前で可能に,現在25機が建設中,2020年までに1200億ドルを原子力へ,総設備は現在874GW,2020年に1600GW,このうち原子力は80GWへ,AP1000基本,http://bit.ly/hGfx8G

●101124B India, assamtribune.com
インド,2000MWスバンシリ下流水力,50%進捗
50 pc Subansiri project work completed: Centre
http://bit.ly/emfq3T
The hue and cry over mega dams in Arunachal Pradesh notwithstanding, the Centre has said 50 per cent of the works on the Lower Subansiri Hydroelectric Power Project has been completed, while plans have been firmed up for implementation of Siang Upper (stage I) and Lower hydro projects.,Union Minister for Power, Sushil Kumar Shinde,2700 MW Siang (Lower),Jaiprakash Associates Limited,Central Electricity Authority (CEA),Ministry of Environment and Forest,NTPC Limited,6000 MW Siang Upper Stage,Tuting and Yingkiang,Siang Lower Hydroelectric,Project,2700 MW for carrying out detailed Environmental Impact and Resettlement,dams on river Yarlung Tsangpo,Subansitri Lower Hydropower Project,Government of Assam,Gauhati University and Dibrugarh University by NHPC,North Eastern Region (NER)

インド国会の回りをアルンチャルのダム反対グループが取り囲む中,シンディ電力大臣現状説明,2000MWスバンシリ下流水力は50%進捗,6000MWシアン上流水力,2700MWシアン下流水力は調査実施中,グワハティ大学が環境調査実施中と http://bit.ly/emfq3T

●101124C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,日本企業のTEAMがベングエットの小水力開発へ
TeaM Energy eyes hydro power tie-ups
http://bit.ly/9gNO4v
Japanese joint venture firm TeaM Energy Philippines is exploring prospective partnership with a local company for its proposed 15-megawatt hydropower portfolio, which it is aligning for compliance to the prescribed Renewable Portfolio Standards (RPS) under the Renewable Energy Law.,TeaM Energy President Federico E. Puno,Preferred Energy Inc. (PEI),three sites in Benguet,5.0-MW capacity each or for a total of 15-MW,1987 Philippine Constitution,60 percent of capital is owned by local firms,Department of Energy (DoE),1,200-MW and 735-MW Sual and Pagbilao coal-fired plants,independent power producer administrators

フィリッピン,東京電力と住友商事が係わるTEAM,現在,1200MWのスアル,735MWのパグビラオ石炭火力を所有しているが,ベングット県の小水力2件,地元企業PEIが進める15MWの水力プロジェクトに参入の構え,再生可能案件 http://bit.ly/9gNO4v

●101124D Philippines, Manila Bulletin
豪環境省,シェルの世界最大,フローティングLNGプラントに認可
Australia approves giant floating LNG plant of Shell
http://bit.ly/d6K6Ox
Australia has given environmental approval for Shell to install a revolutionary floating liquefied natural gas (LNG) plant which is set to become the world's longest vessel.,Environment Minister Tony Burke,Shell's Prelude field,5.0 billion US dollars,480 meters (1,600 feet) long,75 meters wide and weigh about 600,000 metric tons,Ann Pickard, chairwoman of the Anglo-Dutch company's Australian wing.,platform scheduled to open in 2016,50 percent longer than the USS Enterprise aircraft carrier,South Korea's Samsung

オーストラリア政府が環境許可を,シェルの革命的なフローティングLNGプラントに出した,世界最長の船で長さ480m幅75m,60万トン,50億ドル,米空母より大,2016年にも就航,設計はフランス企業で,製作は韓国のサムスン,http://bit.ly/d6K6Ox

●101124E India, kashmirwatch.com
インド実効支配のカシミールは包蔵水力25GW
IHK hydropower potential 25,000 MWs
http://bit.ly/fRZ5H4
For the first time India-held Kashmir’s hydro experts estimate total IHK hydropower potential from four rivers as 25,000 megawatts against earlier ‘official’ figures of 16,000-20,000 megawatts.,Chenab, Jhelum and the Indus (except the Ravi),1960 Indus Waters Treaty,apportioned, Kashmir University hydro experts’ team,hijacked’ by India,Prof Dr. Shakil Romshoo,need of 2425 megawatts electricity,availability of 1492 megawatts only,200 hydropower generation stations over the river Chenab,Kishanganga hydel project

インド実効支配のカシミールの水力包蔵について,新たにカシミール大学が調査して25GWと発表,この報道はパキスタン発で,インドにハイジャックされた地域としており,インダス条約に反してインドは既に200カ所の水力を開発,更にキシャンガンガ非難 http://bit.ly/fRZ5H4


○パナソニック、カンボジアに駐在員事務所 11年初めにも
http://s.nikkei.com/aJxu5P
パナソニックは2011年初めにもカンボジアに駐在員事務所を開設する。日本や韓国の電機メーカーが進出していないカンボジアでいち早く販売網や修理サービス網を整え、市場を開拓する。首都プノンペンの中心街に事務所を開設する認可を受けた。日本から社員http://s.nikkei.com/aJxu5P

○温暖化対策の途上国含む枠組み、中国が改めて反対表明
http://s.nikkei.com/gpOSvw
中国政府で温暖化対策の国際交渉を担当する解振華・国家発展改革委員会副主任(閣僚級)は23日、北京で記者会見し「(発展途上国に温暖化ガスの削減義務がない)京都議定書を堅持すべきだ」と語った。月末からメキシコで始まる第16回国連気候変動枠組み条約締約国会議 http://s.nikkei.com/gpOSvw

○アンゴラの繊維工場、丸紅が再建一括受注 総額1000億円
http://s.nikkei.com/gtthZH
丸紅はアンゴラ政府から同国の繊維工場の再建を一括で受注する。長期化した内戦で廃屋となったルアンダ市内など3カ所の大型工場の再生をEPC(設計・調達・建設の一括請負)方式で受注する見通しだ。受注総額は1000億円を超える見込み。計画(JBIC)http://s.nikkei.com/gtthZH

○カンボジア:祭り客378人死亡 橋付近で押し合い転倒
http://bit.ly/g8oTmE
カンボジア:祭り客378人死亡 橋付近で押し合い転倒,事故があったのはプノンペン市内を流れるトンレサップ川の小島にかかる、長さ数十メートル、幅10メートルほどの橋付近。同日午後9時半(日本時間同11時半)ごろ、島で開かれたイベントからhttp://bit.ly/g8oTmE

○JBIC、アンゴラ復興に融資 三菱UFJと協調、紡織工場再建支援
http://bit.ly/fpGbWp
国際協力銀行(JBIC)は23日、アフリカ南部のアンゴラ政府が首都ルアンダで計画する国営紡織工場の再建プロジェクトに、193億円の融資を行うことを明らかにした。資源国のアンゴラに対し、中国は資源確保や道路、電力などインフラ需要の獲得を狙ってhttp://bit.ly/fpGbWp

○原電、タイと技術協力協定 海外展開に拍車
http://bit.ly/f7I9AS
日本原子力発電は22日、タイ発電公社との間で原子力発電導入プロジェクトを円滑に進めるための技術協力協定を締結したと発表した。タイは2020年に商業用原子力発電所の運転開始を計画しており、タイ発電公社が中心となって原子力導入に向けた技術的http://bit.ly/f7I9AS

○シェールガス、米で“定着” 世界シェールガス会議初開催
http://bit.ly/eQFZjJ
シェールガス、米で“定着” 世界シェールガス会議初開催,チェサピークやエクソンモービルといったガス開発・生産企業や行政関係者、環境団体などが一堂に会した。シェールガスに関する世界規模の会議は初めて。懸念された環境問題などにも冷静な見方が多くhttp://bit.ly/eQFZjJ

最近のショッピングリスト

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送
http://bit.ly/cZSj1R
○シャープ ブルーレイディスクレコーダー BD-HDW43
http://bit.ly/daa2PS
○超小型プロジェクター「Cinemin Swivel」
http://bit.ly/bHmv5g
○ソーラー充電可能なiPhone用バッテリージャケット
http://bit.ly/coE4KG
○レッツノートお取り寄せ10日程度,Panasonic CF-F9JYFNDR,
http://bit.ly/a7yRTF
○スーツケース激安店FKIKAKU送料無料・保証付
http://bit.ly/bXKNLu
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« カンボジアは目に余る中国の独断場 | トップページ | 九州電力がインドに一番近い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の原子炉は2020年に10倍80GWへ:

« カンボジアは目に余る中国の独断場 | トップページ | 九州電力がインドに一番近い »