フォト
無料ブログはココログ

« パキスタンはブンジダムを中国に渡すのか | トップページ | インドのアッサムはダム建設で議論沸騰 »

2010年10月29日 (金)

パキスタンとミャンマーに挟まれたインド

【日刊 アジアのエネルギー最前線】パキスタンとミャンマーに挟まれたインド
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm

台風14号が近づいてきて,昨年の同窓会ゴルフを思い出した。丁度今日のような状態で,東京からも集まる旧友達にゴルフ中止を発するかどうかの瀬戸際だった,私は幹事だった。気象庁の予想は京都直撃で,皆心配したが,私は必ずこの台風はスライスする,と読んで心配する友人を励ましていた。気象庁は理論判断の後で恐らく上司が安全側の方向に台風の進路を引き直すのではなかろうか,私の予想は当たった。

今週も各地で重要な大会が行われているが,今年も全く同じ状況で現在沖縄付近,北緯27度10分にあり,気象庁の予想は本州縦断である。でもよく見たら明らかに人為的に北方向に曲げてある。測量の話ではないが,ボールの転がる方向をじっと見ると,左側には北から張り出してくる高気圧が,あたかもグリーン上の馬の背のように張り出してきて,どう見ても相当のスライス,と読んだ,台風は大丈夫だろう,責任は持たない。

米国はミャンマーへの介入に失敗している,ミャンマーはこのままであれば中国の一省になってしまう,と初めて強硬な発言をしたのは,米国の上院議員である。これに対して,中国の科学技術院の専門家は,全くばかばかしい発言,と対抗している。西欧も日本も,口先介入だけでミャンマーへの外交や投資を控えたために,このような状態になってしまった,もともっといろいろな手練手管を駆使すべきではなかったのか。

昨夜,小型ジェット機を飛ばして前原外相が,ホノルルからハノイに入ったが,今日金曜日,私の大好きなインドのマンモハン・シン首相は中国の温家宝首相とハノイで会談する。前回の二人の会談はブラマプトラだったが,今回はPOKと言われるパキスタンが実効支配しているアザド・カシミールの問題である。インド側は,シン首相が温家宝首相に対して,アザド・カシミールへの中国の政策を糾すことになっている。

インドから見て,中国のやり方はひどい,と言うことだ。パキスタンのインフラに対して,中国は,122企業,1,100人の中国人スタッフを入らせており,これらの企業が扱っているプロジェクトは,アザド・カシミールの,道路,橋梁,鉄道,通信,水力発電ダム,港湾,原子力発電など多岐に亘っている,そうしてこれらの中国人技術者を護るために大量の軍隊を国境付近に展開している,と言うのである。

インド紙が取り上げているのは,カラコルムハイウエーに対する数次に亘る整備事業,中東に近いグワダール港整備,全域に亘るダム事業,4,500MWバシャダム,7,000MWブンジダム,796MWニールムジェールム水力,特にニールムジェールムは,上流,インドのキシャンガンガ水力の進捗を追い越すためにトンネル掘削マシンを投入して工事を急いでいる。インドとパキスタンの微妙な力関係を乱している,というのである。

地図を広げてみると,中国の政策がよく分かる。インドさんという人が,長くここには住んでいる。家の裏には中国さんという方が住んでいて,時々垣根を壊して覗きに来るので追っ払っていた。裏の中国さんは,今は比較的静かだが,時々インドさんの水道の水をいじっているようで気になる。インドさんの両隣にはパキスタンさんとミャンマーさんの家があるが,インドさんにとっては,それほど邪魔にはならなかった。

ところが最近,どうも両隣のパキスタンさんとミャンマーさんの家で来客があり,すき焼きか何かでうるさい。よくよく見ると,裏の中国さんが随分金回りがよいようで,この両隣の家に中国さんの家族が,道具を抱えて入ってきて,インドさんの垣根をガタガタ言わせてうるさくてかなわない,それだけではなくて,インドさんの前庭であるインド洋でも,中国さんが船を浮かべて遊んでいるようだ,これではインドは中国に囲まれたようなもの。

そこで金曜日,シン首相と温家宝首相がハノイで会談するが,インドの国内は,ミャンマーとパキスタンへの余りの資金投入にその意図を確認する,とインドのメディアは期待している。しかしシン首相にどれだけのことが出来るか,全く困った隣人,と言うわけである。シン首相は,11月初旬にインドを訪ねるオバマ大統領にこの情勢を訴える作戦という。

国内で不利な中間選挙をしているオバマ政権は,クリントン長官を前に立てて,中国に対する強硬な発言をさせている。やはり米国債の問題もあって,中国への弱腰をつかれているのだろうが,尖閣諸島にことあるときは駆けつける,南シナ海での中国の急激な覇権拡大には,米国は黙っていない,とか,日本やASEANを喜ばせているが,基本は中国元と米国の国内の景気の繋がりなのであろう。

私の好きなシン首相の発言,誰かいじめっ子がいる場合には,皆で結束するしかない,が面白く含蓄にとむ。ASEANはお金を貰えばいつどうなるか分からないから,とりあえずは,インド,米国,日本の三角関係を大事にすべきなのであろう。それにしても,日本経済のインドへの浸透力は弱い,インドでいじめられて,もうインドはいや,と言う人が私の回りにも何人かいる。インドに強い専門家を育てるべきだ。


●101029A Myanmar, china.globaltimes.cn
ミャンマーは中国の一省になるとの米議員発言に中国反発
Analyst denies US senator's claims over Sino-Myanmar ties
http://bit.ly/boG4on
Chinese analysts Thursday denied claims by a key US senator that Washington is split on the issue of sewing deeper ties with Myanmar to prevent it from becoming "a province of China.",Jim Webb, the chair of a Senate subcommittee on East Asia,outreach,Du Jifeng, an expert from the Center of Asia Pacific Studies at the Chinese Academy of Social Science,laughable,$1.8 billion,11.5 percent of Myanmar's total foreign investment,60th anniversary of Sino- Myanmar diplomatic relations,energy, hydropower, oil, gas and infrastructure,Myanmar Foreign Minister Nyan Win,Aung San Suu Kyi

ミャンマーの11月7日選挙が近づく中,米中で激しいやりとり,米国上院で,米国のアプローチは失敗,このままで行くとミャンマーは中国の一省になると。中国科学技術院の専門家は,そのような話はばかばかしい。中国の総投資額は18億ドル,11% http://bit.ly/boG4on

●101029B Pakistan, economictimes.indiatimes.com
パキスタンにおける中国のプレゼンスが大きすぎる,中印首脳会談へ
Wide presence of Chinese cos in PoK worries India
http://bit.ly/cLjI14
The growing economic interest of Chinese companies, particularly in key infrastructure projects located in these areas, is an equal cause for concern among the security establishment here, which fears that Pakistan is encouraging Chinese investment to dilute India’s claim over PoK. Karakoram highway upgradation project,750-km-long Pakistan-China rail link between Havellian and Khujerab Pass along the Karakoram highway 4,500 MW Diamer-Bhasha dam project,969 MW Neelum-Jhelum hydropower project,Kohala project on Jhelum river,tunnel boring machines before India’s Kishanganga project

パキスタンのカシミールと北西辺境州への中国企業の過度のプレゼンスについて,この金曜日,インドのシン首相と温家宝首相の会談で議題となる,インドはオバマ大統領訪印の際に米国の関心を求める。122企業1100人の中国人,道路,ダム,通信,港湾に及ぶ http://bit.ly/cLjI14

●101029C China, china.globaltimes.cn
中国新疆ウイグル自治区,中央は経済浮揚を約束するも治安安定が条件
Xinjiang dreams big
http://bit.ly/d8VRul
People in Xinjiang can expect to reap the benefits of several new initiatives intended to create more jobs, improve the infrastructure, fund educational programs and build new homes for farmers. But the pledges made soon after last year's riots may take a while to materialize or at least until officials overcome several obstacles.,Xinjiang Uyghur Autonomous Region,riots that began on July 5,7,210 kilometers of highway in the next five years,income was less than 13,000 yuan ($1,940),29,000 yuan ($4,336) in Shanghai,Urumqi's mayor Jerla Isamudin,1.6 million square kilometers, Xinjiang,30 percent of China's oil reserves,one-third of its natural gas reserves,40 percent of coal reserves,ethnic groups are Muslims,Kashgar,Two months ago, there were rumors that the government will raise our salaries

中国,新疆ウイグル自治区,人口当たりGDP1940ドル,上海は4336ドル,政府はその経済的浮揚を約束,原油の30%,ガスの33%,石炭の40%を包蔵,政府は7310kmの道路建設を約束,いずれの約束も治安と言う障害を除くことが先決と http://bit.ly/d8VRul

○101029D China, news.xinhuanet.com
中国の三峡ダムについての批判記事が世界に出回っている
Criticism of Three Gorges Project helps move forward hydro-power construction
http://bit.ly/bFwnQ4
Criticism has always haunted China's Three Gorges Project on the Yangtze River. The latest concerns have been its effect on the Earth's rotation, as the water level at the world's largest hydropower project reached its designed highest mark of 175 meters on Tuesday.

中国の三峡ダムについての批判記事が世界に出回っている。中には地震を惹起するとか,極端な例は地球の自転を狂わすというものだが,中国側はこれに反論,世界的なダムの状況から見ても,三峡ダムは大きさから22番目に過ぎず,その批判は当たらない http://bit.ly/bFwnQ4

○101029E Nepal, dehlitimes.com
ネパールの毛派は政権離脱以来,水力開発をインド企業に渡すことに反対
Nepal Maoist leader to India: Pull out your investments
http://bit.ly/dcjod6
Mr. Lila Mani Pokharel, while addressing an interaction program in Kathmandu, October 25, 2010, has made it clear that the Unified Maoists Party will never compromise on the preservation of Nepal‘s national independence and succumb to foreign pressure to accept investment in hydro-power development.

ネパールの毛派は政権離脱以来,水力開発をインド企業に渡すことに反対を続けているが,25日,この方針を再確認,代表者をデリーに送ってインド政府へもその方針への協力を要請。毛派は政権の中では積極的に水力開発を奨めたが,今は反対 http://bit.ly/dcjod6

○101029F India, sify.com
インド,リライアンス電力は,中国企業上海電気と合弁で電機メーカー設立
R-Power plans a manufacture JV
http://bit.ly/bok3Dd
Anil Ambani’s Reliance Power will set up a joint venture with Shanghai Electric Company to manufacture thermal power equipment in India. The Chinese company will also supply $10-billion (Rs 44,000-crore) worth of boiler-turbine-generator (BTG) packages for Reliance Power's proposed coal-based domestic power plants.

インド,アンバニの率いるリライアンス電力は,中国企業上海電気と合弁で電機メーカー設立の見込み,石炭火力発電機器に特化する,100億ドル規模の機器を生産することになる。ボイラー,タービン,発電機を含むもの。インドはBHElの生産能力に問題 http://bit.ly/bok3Dd


○米国務長官「中国は通貨・貿易で責任ある修正を」
http://s.nikkei.com/a80hg9
クリントン米国務長官は、「太平洋の将来は米国にかかっている。我々は役割を縮小するつもりはない」と述べ、地域の安定に向け、積極関与していく考えを強調。特に軍事用語を用いて「前方展開を維持する」と明言。海洋権益確保に動く中国をけん制した。http://s.nikkei.com/a80hg9

○中国、レアアースの欧米向け輸出再開か 米紙報道
http://s.nikkei.com/c265us
米紙,中国が欧米などに対するレアアース(希土類)の輸出停止措置を同日解いたと報じた。同紙は先に中国が18日に米欧向け輸出を停止する措置を取ったと報じたが、中国商務省が否定していた。中国から日本へのレアアース輸出は9月下旬から停滞 http://s.nikkei.com/c265us

○南シナ海問題で年内に指針作り着手 ASEAN首脳会合
http://bit.ly/cGXZRP
東南アジア諸国連合(ASEAN)は28日夜、議長声明を発表,加盟国の一部が中国と領有権を争う南シナ海問題について法的拘束力のある規範の制定を視野に入れつつ、当面は2002年に署名した「南シナ海行動宣言」を具体化する指針作りに着手する http://bit.ly/cGXZRP

最近のショッピングリスト

○シャープ ブルーレイディスクレコーダー BD-HDW43
http://bit.ly/daa2PS
○超小型プロジェクター「Cinemin Swivel」
http://bit.ly/bHmv5g
○ソーラー充電可能なiPhone用バッテリージャケット
http://bit.ly/coE4KG
○レッツノートお取り寄せ10日程度,Panasonic CF-F9JYFNDR,
http://bit.ly/a7yRTF
○スーツケース激安店FKIKAKU送料無料・保証付
http://bit.ly/bXKNLu
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« パキスタンはブンジダムを中国に渡すのか | トップページ | インドのアッサムはダム建設で議論沸騰 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パキスタンとミャンマーに挟まれたインド:

« パキスタンはブンジダムを中国に渡すのか | トップページ | インドのアッサムはダム建設で議論沸騰 »