フォト
無料ブログはココログ

« インドのシン首相が米国のためではないと | トップページ | 自信の中国は日本の要求かわす »

2010年8月27日 (金)

ベトナム原子力で日本の対応に問題

【日刊 アジアのエネルギー最前線】ベトナム原子力で日本の対応に問題
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm

先日からベトナムのハノイで行われている一連の国際的な動きの中で,直島経産相に率いられた日本企業のベトナム原子力への活動が報じられてきた。政府から更に企業全体を組み入れての売り込み作戦だが,今日の読売の英文記事を読むと,ベトナム政府の反応は極めて鈍い,という印象を拭いきれない。どこに問題があるのか,使節団が余りにも総花的で,ベトナム政府はどう対応したらよいのか,分からなかったのではないか。

記事も指摘している問題点だが,政府間の原子力基本協定が抜けているらしい,各国のアプローチが同じならよいが,ロシア,フランス,韓国は既に二国政府間の原子力基本協定があるという,これでは日本は基本的なアプローチで誤りを犯しているのではないか,と危惧する。民間企業を揃えて如何にその華やかさを売り込んでも,これでは外交上,他の国との間に大きな差を付けられていることになる。

ベトナム政府の冷たい対応も,この辺に問題がありそうだ。また,先方がもっとも悩むことになる原子炉のタイプであるが,日本の場合は,PWR,BRWなど絞りきらずに,どうぞどれでも採って下さい,と言うプレゼンテーションだが,ベトナムが知りたいのは,どれがもっともベトナムに適しているか,のプロポーサルで,今回のミッションが多様性を提示した,と考えられているが,これは逆効果でないか,と危惧する。

ベトナムの原子力については,環境や台風災害,地震災害,更には港などのインフラを含めた立地問題が,ベトナム政府にとっては重要なテーマーである。ここで,メーカーだけでなく電力企業が入った強みがあるわけだが,この点が十分に先方に伝わったかどうか。トップレベルのミッションでこれを如何に巧妙に先方首相レベルに理解して貰うか,この重要な点が成功したのかどうか,懸念する。スタートが遅かった,ということにもなる。

インドの原子力で,米印原子力協定に対応する原子力損害賠償法案の内容が,関係者の間で問題になっている。英文は難しかったが,日経が一応の概略を日本語でまとめている。日経の論調は,これで円滑に行くだろう,と楽観的だが,インド現地紙の評価は,日経とは異なって,極めて悲観的である。補償範囲がメーカーにも返ってくるところなど,WH東芝などは,参加が難しくなってきた,と悲観的である。

このインドやベトナムの原子力問題は,また慣例の梅田の一角,飲み屋で仲間達と議論する格好の材題で,いろいろな意見が出るだろう。原子力の海外進出で,メーカーの役割は明確だが,電力企業は何をするのか,それは恐らく,立地計画の問題などからアプローチすべきところ,ベトナム,インドネシア,フィリッピン,タイ,などでは,極めて有効なメンバー構成なのであろう。

インド石油が米国などのシェールガスの買収に意欲を燃やしている。シェールガスを実用化しているのは米国だが,中国では米国の技術を導入して開発の途上にある。インドは米国やオーストラリアのシェールガスに目を付けているが,インド国内のシェールガスの賦存はどうなのだろうか。また,世界のシェールガスの全体像を把握する必要があると思われる。


インドの国有石油オイルインディア,今年度に450億ルピーを準備して,米国と豪州のシェールガスの資産買収を狙っている。支援銀行はシティなど内外7行。米国ではガス生産の20%がシェールガスで更に4倍増の勢い,リライアンスは既に買収開始,http://bit.ly/brezJ6

インドの原子力協力関連免責条項の法案のゴールは,法的に極めて難しいと見られる。インドは炉の製造企業に責任をとらせる方向だが,問題は運転者との関係で,もし80年に亘って責任をとり続けるならば,WH東芝は参入困難と見ている。保険価格が問題 http://bit.ly/aSlto9

ベトナムへの日本官民の原子力売り込みハノイで首相と会ったが問題あり,他の国のような原子力基本協定がまだないこと,メーカー3社がそれぞれ異なった方式を持ち込んでいること,2011年には共産党大会で先方人事に大きな影響が出ること,前途多難 http://bit.ly/a3riJ3

フィリッピン,セブ島の韓国電力による200MW石炭火力は,最初の100MWは2011年2月,2号期は5月の予定,であるが,この10月に実質100MWはビサヤス系統への投入が行われ,これによって,セブ,ネグロス,パナイの需給は緩和される,http://bit.ly/aBiVHZ

ネパール,カトマンズの北東,中国との国境付近,アッパータマコシ水力はノルウエーのSNパワーにより,2017年完成を目処に着工される,出力は880MWまで上げて計画される,地元は10%の資本を持って参加する,80世帯が移住を要求される http://bit.ly/8YYpKn

○韓国とボリビア、リチウム開発で合意「日本とのシェア争いに王手」-韓国
http://bit.ly/dmdwxY
韓国とボリビア、リチウム開発で合意「日本とのシェア争いに王手」-韓国,韓国の李明博大統領は26日、訪韓中のボリビアのモラレス大統領と大統領官邸で首脳会談を行い、両首脳は、ボリビアのリチウム開発と、産業化に向けた研究に韓国企業が参加する http://bit.ly/dmdwxY

○住友商事、中国の大唐集団と新エネルギー分野で協力
http://bit.ly/bZ1XNd
住友商事と中国の子会社の中国住友商事会社は、中国大唐集団新能源と太陽光発電やバイオマス発電などの新エネルギー分野での協力することで合意した。今回の合意で、住友商事と大唐集団は中国内外で新エネルギー分野の事業で共同プロジェクトの開発を推進する。http://bit.ly/bZ1XNd

○さらに50万人に避難命令、堤防決壊で パキスタン
http://bit.ly/cjWjQ2
深刻な洪水被害に見舞われているパキスタンで、政府は26日、南部シンド州で新たな洪水発生の恐れがあるとして、50万人に緊急避難命令を出した。政府高官によると、インダス川の増水で堤防の1つが決壊し、洪水の危険が高まった。このためシンド州 http://bit.ly/cjWjQ2

○インド下院、原発補償法案を可決 設備業者の責任も規定
http://bit.ly/aYA4fX
インド下院、原発補償法案を可決 設備業者の責任も規定,インド下院は25日、原子力発電所で事故が起きた場合の賠償責任を定める「原子力損害賠償法案」を賛成252、反対25で可決した。近く上院も可決する見通し。設備メーカーにも補償責任が及ぶことになる http://bit.ly/aYA4fX

○インド電力金融会社が銀行事業への参入を検討=報道
http://bit.ly/937IAT
インド電力金融会社が銀行事業への参入を検討,インドの電力金融大手4社が低コストの資金調達を求めて共同で銀行事業への参入を検討している。また公的部門の金融を担う銀行を設立することも視野に入れている。金融業界への参入を模索しているのはインドの http://bit.ly/937IAT

○モラレス大統領「ボリビアの密林では石油が小川のように流れる」
http://bit.ly/brf2kE
モラレス大統領「ボリビアの密林では石油が小川のように流れる」,ボリビア大統領の訪韓は、1965年の両国国交正常化後、初めてとなる。リチウム開発協力を約束した26日の韓・ボリビア首脳会談で、大統領は李明博大統領に資源分野での活発な投資を要請した。 http://bit.ly/brf2kE

○菅内閣ですっかり熱が冷めた 地球温暖化対策の取り組み
http://bit.ly/c7EIe0
菅内閣ですっかり熱が冷めた 地球温暖化対策の取り組み,1年前の政権交代で盛り上がった地球温暖化対策への意欲が急速にしぼんでいる。1990年比25%削減を打ち出した鳩山由紀夫前内閣と打って変わり、菅直人内閣では、この問題に関する発言も少なく、http://bit.ly/c7EIe0

○日本の外交官100人、先進国から新興国へ
http://bit.ly/dBzSAy
日本の外交官100人、先進国から新興国へ,新興開発国との外交を強化するための、日本の具体的な計画が公開された。先進国の日本大使館に勤務する外交官約100人を、新興国の大使館に異動・勤務させるというのがその中心だ。岡田克也外相は25日、日本外国特派員協会http://bit.ly/dBzSAy


Other world energy news today

○100827A India, livemint.com
インド国有石油は米国と豪州のシェールガスの資産買収視野
Oil India eyes overseas shale gas acquisition
http://bit.ly/brezJ6
Oil India Ltd plans to buy shale gas assets in the US and Australia, and has shortlisted seven investment banks to explore acquisition opportunities, officials said on Thursday.,to spend `4,500 crore in capital expenditure in this fiscal,T.K. Ananth Kumar, director of finance at Oil India,GAIL (India) Ltd and Indian Oil Corp. Ltd,Citigroup Inc., Morgan Stanley, Bank of America Merrill Lynch and Deutsche Bank AG,acquisition, between 15% and 20% of US gas production,Reliance Industries Ltd, ,Chesapeake Energy Corp.

○100827B India, hindustantimes.com
インドの原子力協力関連法案の行くへは極めて微妙
N-Bill’s success will depend on legal hair-splitting
http://bit.ly/aSlto9
India’s nuclear energy future lies in the hands of corporate lawyers. Nuclear industry, both overseas and at home, are assessing how difficult the Civil Liability for Nuclear Damages Bill will make it for nuclear suppliers to do business in India. The initial reaction in the US has been negative.,Suhaan Mukerji, lawyer for Amarchand Mangaldas,this period is two years,from the 80 years,Ashley Tellis, a key negotiator of the Indo-US nuclear deal during the Bush administration,Westinghouse-Toshiba,close to giving up on the Indian market,France, whose nuclear power firm Areva,Nuclear Power Corporation of India,to outsource 60 per cent of the reactor parts to Indian suppliers,Nuclear operators today pay insurance coverage of 0.3 to 0.5 per cent of the liability per annum,the international Convention for Supplementary Compensation,

○100827C Vietnam, yomiuri.co.jp
ベトナムへの日本官民の原子力売り込みの問題点
Japan N-power lobby visits Vietnam
http://bit.ly/a3riJ3
HANOI--A government-private sector mission has demonstrated its desire to win construction orders for nuclear power stations in Vietnam, but some significant hurdles must be cleared first.,Economy, Trade and Industry Minister Masayuki Naoshima,Vietnamese Prime Minister Nguyen Tan Dung,construction and operation proposal,financial assistance and development of human resources. ,Tokyo Electric Power Co., Chubu Electric Power Co., Kansai Electric Power Co., Hitachi, Ltd., Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. and Toshiba Corp.,International Nuclear Energy Development of Japan,Ichiro Takekuro,Hitachi provides expertise on boiling water reactors, and MHI on pressurized water reactors. Toshiba has know-how on both BWRs and PWRs.,four reactors by 2014,10 more reactors by 2030.,United Arab Emirates,Russia, France and South Korea

○100827D Philippines, mb.com.ph
フィリッピン,セブ島の韓国電力による200MW石炭火力完成近し
200-MW Cebu power plant synchronized to grid by October
http://bit.ly/aBiVHZ
The first unit of the 200-megawatt Cebu coal-fired power facility will start synchronization to the Visayas grid around October this year, hence, easing problems of supply in Cebu, Negros and Panay areas.,first unit of 100MW,Elmer L. Cimafranca, supervisor of Kepco SPC Power Corporation.,ommercial operation will start February 2011 for the first unit,May 2011 for the second,Kepco Philippines,local subsidiary of Korea Electric Power Corporation (Kepco),SPC Power,93.41-percent complete,KSPC general manager Bag Woon Choi

○100827E Nepal, thehimalayantimes.com
ネパールの880MWアッパータマコシ水力はSNパワーが開発
Upper Tamakoshi-III to begin in 2012
http://bit.ly/8YYpKn
DOLAKHA: A Norwegian Company, SN Power is to build the Upper Tamakoshi Hydropower project-III with the capacity of generating 880MW electricity,Khimti Hydropower,to be completed in 2017,Charikot,880 MW electricity,Dolakha and Ramechhap district,some 80 households will be displaced


Japanese energy news today

○韓国とボリビア、リチウム開発で合意「日本とのシェア争いに王手」-韓国
http://bit.ly/dmdwxY
○住友商事、中国の大唐集団と新エネルギー分野で協力
http://bit.ly/bZ1XNd
○さらに50万人に避難命令、堤防決壊で パキスタン
http://bit.ly/cjWjQ2
○インド下院、原発補償法案を可決 設備業者の責任も規定
http://bit.ly/aYA4fX
○インド電力金融会社が銀行事業への参入を検討=報道
http://bit.ly/937IAT
○モラレス大統領「ボリビアの密林では石油が小川のように流れる」
http://bit.ly/brf2kE
○菅内閣ですっかり熱が冷めた 地球温暖化対策の取り組み
http://bit.ly/c7EIe0
○日本の外交官100人、先進国から新興国へ
http://bit.ly/dBzSAy

最近のショッピングリスト

○シャープ ブルーレイディスクレコーダー BD-HDW43
http://bit.ly/daa2PS
○超小型プロジェクター「Cinemin Swivel」
http://bit.ly/bHmv5g
○ソーラー充電可能なiPhone用バッテリージャケット
http://bit.ly/coE4KG
○レッツノートお取り寄せ10日程度,Panasonic CF-F9JYFNDR,
http://bit.ly/a7yRTF
○スーツケース激安店FKIKAKU送料無料・保証付
http://bit.ly/bXKNLu
○旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://bit.ly/c42ZsV

« インドのシン首相が米国のためではないと | トップページ | 自信の中国は日本の要求かわす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム原子力で日本の対応に問題:

» 広島県 [広島県]
広島県についてです。 [続きを読む]

« インドのシン首相が米国のためではないと | トップページ | 自信の中国は日本の要求かわす »